読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

花だより

弘明寺さんの河津桜 2月1日 3分咲きというところ 2月14日 満開、もう葉が見えている。 2月28日 花が散り始め、葉が目立つ。 2月25日児童遊園地の梅林の梅 梅の種類によっては、散り始めたもの、今が盛りのもの、まだこれからというもの、 色もと…

節分

節分草 2月3日、節分。 ようやく入院していた母が退院して、 私のめまい症もどうやら治まりました。 冬と春の季節を分ける節分が我が家にもやってきました。 退院した帰りに子ども植物園に寄ってみたら 枯れ葉の中にセツブンソウが咲いていました。 なんと…

うちの近くの紅葉

今年の紅葉は、素晴らしい!! どこかへでかけなくとも うちの近くで十分楽しめる。 11月22日は、晴天。 青い空が特別なものに見えた。 モミジバフウ 黄緑、黄色、朱色、臙脂 と まるで刺繍を施しているように美しい。 ハゼ (「小さい秋」の3番の歌詞に登場…

ビロードテンツキ移植会 (茅ヶ崎)

22日(土)に砂原植物の移植会へ行ってきました。 晴れるといいなと思いながら茅ヶ崎へやってくるのですが、 いつも曇りがちでまともに富士山が見えたことがありません。 朝9時半の海辺には、釣りを楽しむ人、波乗りをやる人、犬を散歩させる人、 ランニング…

秋の気配(奥多摩)

先週久しぶりに奥多摩へ出かけました。 お昼ご飯を食べに行った道の脇に白いそばの花が咲いていました。 まだ実はできていませんが、おそばの花を見ると秋を感じます。 マツカゼソウ。 私も その姿は、松を渡る風のようだと思います。 かわいい白い花をつけ…

キバナコスモスの畑で

先週の火曜日もいい天気でした。 友人の畑に行くと、キバナコスモスが盛りを迎えていました。 モズのさえずりも高らかに響いて、昆虫たちがせっせと花の蜜を求めていました。 ずっと雨に振り込められてきたので、青い空が見えてきて、 鳥も昆虫もいい気持な…

梅雨明け

空は、こんなに青かったのか と久しぶりに感じた瞬間です。 青い空間に、モワモワの白いひつじが一頭、のんびりとおさんぽ。 28日、後から知りましたが、この日ようやく関東地方も梅雨が明けたと聞きました。 青い空に淡いピンクの花、このコントラストに反…

梅雨の晴れ間

6月28日のムクゲです。 外出先から帰って来た時に、同じ棟に住む人とすれ違いました。 お母さんと一緒にエレベーターから降りてきた女の子が、 「白い花が咲いている!」 と、お母さんに話しているのが聞こえました。 私は、(今頃白い花ってなんだろう?)…

砂原の植物観察ー茅ヶ崎海岸

3日の日曜日は、茅ヶ崎での砂原の植物観察会の2回目がありました。 今回は、6月の時よりも西に寄った茅ヶ崎漁港のそばの観察です。 近くには、サザンビーチと名前のついた海水浴場があります。 すでに海開きが済んでいるので、ビーチには海の家が立ち並ん…

梅雨の晴れ間

7月に入り、もう一週間経ってしまいました。 先週あたりから、うちの近くでもニイニイゼミの細い鳴き声は聞こえ始めました。 先週の金曜日、奥多摩へ行ってきました。 平地に比べると季節の移り変わりが遅くって、まだ山紫陽花が残っていました。 これは、…

うちの近くの紫陽花

お題「今年の紫陽花の写真」 お題をいただいていたので、紫陽花の写真を撮りはしたのですが、 これといった紫陽花もなくて遅くなりました。 もう紫陽花の季節が終わってしまいそうなので、 あわてて、うちの近所の紫陽花のご紹介です。 はじめに紹介するのは…

西湘を訪ねて その2

昼食をお腹いっぱい食べてから、山を登り箱根へやってきました。 山登りは車もたいへんそうでエンジンを精一杯稼働させて少々息切れ気味です。 着いたのは、二ノ平にある「彫刻の森美術館」です。 緑がだいぶ深くなった山の木々、すっかり生えそろった芝生の…

砂浜の植物観察 ー茅ヶ崎海岸

日曜日に初めて茅ヶ崎へ行ってきました。 駅からバスに乗ること5分、ヘッドランド前というバス停で降りて 134号線を横断すると茅ヶ崎海岸へ出ます。 有名な烏帽子岩が目の前に見えました。 朝8時半くらいの海岸のようすです。 海には、波乗りをする人た…

立夏

昨日は、強風吹き荒れた前日から一転、青い空。 暦では立夏。 近くの子ども植物園へ出かけてきました。 日陰にそっと一輪、ヒトリシズカ。 日なたにフタリシズカ、いえサンニンシズカ。 三人ついでにサンリンソウ。 ニリンソウはよく見ますが、サンリンソウ…

春の野草とランチ

24日、秦野で野菜の買い物をした帰り、 愛川ふれあいの村で野草を見てきました。 春の妖精がふわっと舞い降りてきたかのような花は、イカリソウ です。 船の錨の形に見えるところからついた名前だと思います。 その可憐なピンク色のコスチュームは、バレエの…

お花見

おはよう! さっとカーテンを開けると 年に1週間ほどの短い間、我が家の窓からお花見ができます。 冬の間のブログをご覧いただけた方は、ご存知のアオゲラぽんちゃんが 停まっていたあの桜の木です。 もうだいぶ古い木でしかも枝が下の方にはない貧弱な木な…

桜の開花は、渡りの始まり?!

これは、先週の木曜日(10日)、大岡川の桜で一番よく膨らんでいた桜の蕾。 もう、あと数日で開くかと思いきや このところ寒の戻りがあったのでどうかなと思ってみたら、 今日は、同じところにあった花が見当たらない。 でも、同じ木のほかの枝には、もうす…

立春

立春は、旧暦では新年元旦です。 春が立ち、新しい命が膨らみました。 (昨日、弘明寺裏門でみつけました。)

子ども植物園菊花展

11月29日まで、子ども植物園では、菊花展が開かれています。 今、見ごろを迎えた厚物とか管物とか言われる大輪の菊です。 このほかにも、小菊の懸崖仕立てや盆栽仕立てなどもあります。 これらの菊は、二つの菊の同好会の方が育成されたもので、 三渓園で開…

寄り道

木曜日は、スポーツセンターのワンコインで受けられる ヨガ教室へ通い始めました。 29日は、その3回目。 夜中に雨がちょっと降ったみたいで 出かける時はまだ曇っていました。 山の上から速足でも30分かかるので着いた頃には、 体もすっかり温まりちょうどい…

子ども植物園のオニバス

パラグアイオニバス 子ども植物園では夏になると、 バラ園の入口の辺りにビニールプールが設置されます。 保育園の園児が遊ぶのにちょうどよさそうな大きさです。 そこに、パラグアイオニバスが植えられています。 大きな池だと葉も大きくなり、 小さな子ど…

子ども植物園 かき展

上の写真は、植物園の斜面を利用して植えられている かき です。 かきが青い空を背景にして橙色の実をつけると 秋がやってきたなあと思います。 田舎に育ったわけではありませんが、 なぜか郷愁のようなものを感じるのです。 この子ども植物園は、横浜市に移…

ここにも秋が

今日は、体の調整をしてもらいに蒲田まででかけました。 帰りは、蒲田から京浜東北線に乗って関内まで戻りました。 買い物の用事を済ませ、横浜公園を歩いていると 頭の上にサザンカの可憐な花を見つけました。 今日は、曇っていて肌寒かったので サザンカの…

小さい秋見つけた~

カラスウリです。 植物園の脇にあるやぶの中で見つけました。 紅葉の先駆けのような朱色を見ると 秋がやってきたなあとしみじみしてしまいます。 先週、辺り一面に芳香を放っていた金木犀は散りはて、 香りのかけらも残っていませんでした。 話は変わります…

夏と秋が綱引き

うちの近くでは、24日辺りから通りを歩くと あま~い香りが漂い始めました。 そう、香りの主は、金木犀です。 香りで知らせてくれる 数少ない花です。 子ども植物園の金木犀の大木です。 見事な金木犀で、カメラを手に訪れる人も多いです。 大きな木なので、…

ヒガンバナ赤く燃える

20日、鎌倉は、 紫陽花の頃とお正月の人出に匹敵するくらい観光客が訪れていました。 おまけに江ノ電は、駅の改築をしていたようで 乗客は、西口のロータリーに列を作って並んでいました。 9月は、台風と秋雨前線にたたられて しばらく青い空を覗けなかった…

梅雨の晴れ間の鎌倉散策 その2

市役所の前を通り抜け、更に線路に沿って歩いて行くと 鎌倉五山第三位、寿福寺が左手にある。 その山門前のガクアジサイ。 今が花盛りだ。 隣の英勝寺を過ぎ、道は左に曲がりながら谷筋へと入って行く。 途中左に入る坂道は、 鎌倉*七つ口の一つ、化粧坂(…

梅仕事(その1)

13日に収穫した梅のその後です。 15日にできるだけ青い梅を使って まず、シロップづくりをしました。 シロップは、凍らせてからの方がいいとか、 穴を竹串で開けてから とか言われますが、 量が多くて冷凍庫にそんな余裕もなく、 洗ってヘタを取ったきりで砂…

白い花

ヒトツバタゴ 先週の日曜日に見たので、もう枯れているかもしれませんが、 これが、別名ナンジャモンジャの木と呼ばれるヒトツバタゴです。 庭に時々見かけるトネリコとちょっと似ていますが、 葉が複葉になっていなくて単葉なので、 一ッ葉という名前がつい…

お土産は、道明寺

今日は、おやつを作って持って行く日だった。 今回は、道明寺に挑戦! それも、二色。 団地の出入り口のところにサトザクラが植えてある。 外出するたびにここを通るのだが、 何となく桜餅の香りがしてくるような気がしていた。 この写真は、19日で、満開。 …

足下は、紫の花盛り

油断すると踏んでしまうくらい小さい。 うちの実家の庭は、ちょうど、タツナミソウが花盛り。 春の波がざぶんざぶんと打ち寄せている。 今年は、ずいぶんと勢いがよい。 花の名は、北斎の浮世絵の立浪からつけられたようだ。 草取りの切りが付いたので、隣の…

ベランダの前のケヤキ

昨日は、予報では雨のはずが朝起きると陽が射していました。 8時半過ぎたころ、外から大きな音がします。 今回は、鳥の声ではありません。 ベランダの前にあるケヤキの枝を切る電気のこぎりの音です。 この団地を造成する前から山に生えていたと思われる 大…

春らんまん (横浜子ども植物園)

しばらく、植物園にご無沙汰していました。 この数日、昼間は20度近くに気温が上がって 一気に桜も開いているようなので、 28日の夕方行ってみました。 まず、門を入ったところに やまぶきの花が そろって出迎えてくれているのでびっくり! 自分の頭の中では…

春を味わう

グリーンピースご飯 鹿児島から届いたグリーンピースです。 ご飯は、昆布を水につけておきお酒を大さじ2杯ほど入れたもので炊きます。 炊く直前に塩を小さじ1杯ほど入れます。 グリーンピースは、昆布出汁の余りでさっとゆでておき、 炊ける寸前に炊飯器に入…

三渓園 2

講演会が終わって、庭を散策しました。 有名な「臥竜梅」です。 低い姿勢で、竜が這っているように見えるところからついた名前のようです。 下には、水仙が咲いていましたが、葉がのびきってもう終わりだよと言っているようでした。 この観梅の期間だけ、そ…

春の花と報道写真展講演会

ベニマンサク 「まず咲く」がなまってマンサク。 春の花の先頭を切って咲く花です。 このマンサクは、赤いベニマンサク。 子ども植物園に咲いていました。 ほかの花が咲き出したので、 マンサクはそろそろ店じまいですね。 白梅「水心鏡」 児童遊園地の梅園…

寒さに向かう知恵

この写真は、春に蒔いたルッコラが、秋になって生えてきたものだ。 ほうれん草のように、赤紫色の茎が鮮やかである。 甘味をじわじわ蓄えているのかもしれない。 春には、めを出し損ねたらしい変わり者だが、妙に愛情が湧く。 結構大きくなったので、食べよ…

山燃える

週末、紅葉が見ごろだというので、帰りがけ奥多摩湖まで行きました。 奥多摩駅までの山には杉が植林されていて 深緑に覆われている山が多いのですが、 奥多摩湖に近づいてくると 広葉樹の雑木が多くなり、紅葉は色鮮やかに迫ってきます。 トンネルをいくつか…

色づく千両

今は、午後十時を過ぎたあたりですが、 先ほどより、風が窓を揺らすようになりました。 来る来るといわれていた台風が近づいてきたようです。 夕方、いきなりパソコンから音が出て、 びっくりしました。 どうも横浜市が避難準備情報を出したようです。 先日…

奥多摩の秋 2

ススキの穂がたなびき、秋も深まってきました。 ススキの前の丈の低い草は、 こんなにすてきな花を咲かせています。 それなのに、名前は「継子の尻拭い」(ママコノシリヌグイ)。 あまりにも気の毒ですし、残酷な感じさえします。 ところが、茎をよく見ると…

あちこちから金木犀の香り

おととい、久しぶりに図書館へ本を借りに行こうと家を出ると、 すぐに金木犀の香りがしていることに気づきました。 ほかにもいろいろ香りのよい花は、あるけれども これほどまでに香りで存在をアピールする花はないだろうと思います。 そして、昨日、子ども…

お彼岸の鎌倉2

駅から通りへ出て、ちょうど向かい側の 「大巧寺」をのぞいてみました。 安産のお寺さんです。 紫式部がちょうど色づいていました。 白い花が数輪残っています。 本堂の前には、秋の七草に数えられる すすき、女郎花、そして吾亦紅。 うちのお墓は、ここから…

ひまわり模様の日傘

今日は、久しぶりにスワニーのワンデーレッスンへ行きました。 近くのバス停には、つつじの植込みの中にヒガンバナが咲いていました。 毎年、秋分の日の近くになると 律儀に花火のような花を咲かせます。 この花を見ると、逆にもうすぐお彼岸だなって気づか…

奥多摩の秋 1

レンゲショウマに魅了された翌日、 裏山にも咲いているのではないかと 探しながら散歩してみました。 あまり期待はしていなかったのですが、ありました。 たった1本だけですが。 こちらは、まだかわいい蕾が残っていました。 この辺りは、いのししが下りてく…

御岳山の初秋

9月の初め、御岳山へ行ってきました。 空から雨が降ってきそうな雲に覆われていました。 ケーブルカーの山上駅から下界がかろうじて見られましたが、 遠くは望めません。 日の出山方向を見ると、 ススキの穂が出ています。 細い穂の揺らぎは、その場の空気を…

今日の昼食

バッタイ風やきそば 先日、お店で麺とソースがセットになった「バッタイ」を買って食べました。 コメの麺は、ゆですぎたのかベタベタ、 ソースはとても濃くて美味しいとは思えませんでした。 でも、大体どんな風なソースなのかが分かりましたので、 自分で再…

えっ!これが朝顔なの?

花は、確かに朝顔なのに、茎のまわりにグチャッと葉が集まっています。 サボテンのような姿ですが、 これも朝顔なんです。 今、横浜子ども植物園では、 変化朝顔の展示会が行われています。(8月31日まで) 朝顔は、奈良時代に中国から持ち込まれ、 薬草…

奥多摩 夏3

ウバユリ このウバユリも、タマアジサイと同じころ 林の中に白い花を咲かせています。 ヤマユリやオニユリなど一通り咲き終わった頃咲きはじめます。 ちょっと色も地味で華やかさがないので、 ウバユリというのかと思っていましたが、 知人がだんだん球根が…

奥多摩 夏2

タマアジサイ ヤマユリの季節から一週間経つと、 山の主役は、タマアジサイになっていました。 椿のような形の蕾、 まるで、マジックのように、 少しずつ少しずつ自分の姿を現していきます。 ちょっとどきどきしてきます。 開いてみれは、何のことはない普通…

奥多摩 夏

奥多摩へ行ってきました。 山の斜面にたくさんの花をつけたヤマユリをあちこちで見つけました。 あたりがヤマユリの香りで染められているというくらい 強い香りを放っています。 この香りは、あまりに強烈なので、好き嫌いが分かれるところです。 このヤマユ…