読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちょっと遅かった~(材木座海岸に沈む夕日)

年賀状を書き終えて、今日は、鎌倉までお墓の掃除に行ってきました。 出かけたのが遅かったので、 海岸へ着いたら、もう南西の真鶴半島の方へ夕日は沈んでしまっていました。 今年最後の夕日を見損なってしまいました。 夕日は、ずっと向こうに沈んだのに、 …

鎌倉紅葉再び2

昨日は、風もなく雲一つない青空、びっくりするくらいいいお天気でした。 国道一号線を走るバスの窓からも雪を被った富士山が見え、 すごくついているなと自分でもびっくりしました。 駅の改札で友人に会うなり、 「今日はいい天気でよかったねえ。」 の挨拶…

鎌倉紅葉再び

半年前から決まっていた鎌倉散策、とうとう明日となってしまいました。 友人は、みな都区内や三多摩から電車賃をかけてくるので、 できれば自分の知るベストの鎌倉を案内したいと思って、 13日は西側を探り、26日の土曜日は東側を探りに参りました。 鎌倉駅…

鎌倉紅葉2

鎌倉駅の西口まで来て、もう一つ見ておこうと また線路沿いを歩いて北の方へ向かいました。 化粧坂へ入る道をもう少し進むと海蔵寺という寺があります。 ここは、折々の花が庭を彩り、紅葉のもみじでも有名です。 山門の前のもみじ。 まだちょっと早いのか、…

鎌倉紅葉

鎌倉円覚寺 12月の初旬の散策に向けて、紅葉スポットの下見に行ってきました。 北鎌倉で下車。 鎌倉は、紅葉の名所ですが、 温暖な気候ですので、どうしても紅葉の時期はおそくなります。 ところが、今年は割合早かったようで、駅の改札真ん前の円覚寺の門…

鎌倉散歩・・墓参り

お彼岸前からお墓参りへ行こうと思っていたのですが、ずっと雨続き。 ようやく26日の月曜日に天気もよくなったので行ってきました。 秋ですねえ。 道々見つけた、シュウカイドウとシュウメイギク、 まだヒガンバナもきれいに咲いていました。 上を見上げると…

鎌倉覚園寺の紅葉

月曜日の昼過ぎ、鎌倉の近くまで来ているので、 散策に付き合わないかというお誘いの電話がかかってきました。 駅前で会った時は、午後2時だったので、そんなにあちこち回れないし、 私がお勧めの「覚園寺」(かくおんじ)に行くことにしました。 覚園寺は、…

お墓参り ー夏祭りー

姫檜扇水仙 昨日は、お盆を前にお墓の掃除をしてお参りに行ってきました。 供えるお花は、実家の庭から持って行くことが多いです。 今回は、今まで時折咲いていたのを目にしながら名前を知らずにいたため 無関心だったこの 姫檜扇水仙(ひめひおうぎずいせん…

梅雨の晴れ間の鎌倉散策 その3

「海蔵寺」からの帰り道、 あるお宅の通りから玄関までのアプローチに この双体道祖神が飾られていた。 傾いた日の光がスポットのように女の子に当たり、 あたかも生き生きと微笑んでいるように思えた。 突然だが、ここは、JR横須賀線が通っているガード下。…

梅雨の晴れ間の鎌倉散策 その2

市役所の前を通り抜け、更に線路に沿って歩いて行くと 鎌倉五山第三位、寿福寺が左手にある。 その山門前のガクアジサイ。 今が花盛りだ。 隣の英勝寺を過ぎ、道は左に曲がりながら谷筋へと入って行く。 途中左に入る坂道は、 鎌倉*七つ口の一つ、化粧坂(…

梅雨の晴れ間の鎌倉散策 その1

今日は、梅雨もたじたじするほどの青空。 2年ぶりに かつての同僚ご夫妻と鎌倉で会食の予定になっていた。 なんと運のよいことであろうか。 紫陽花時期の鎌倉は、東京周辺の人たちが大移動してきたのではないかと 思うほど、電車も道路も混雑している。 今…

椿祭

北鎌倉のたからの庭で、椿祭がありました。 たからの庭というのは、浄智寺の境内の奥にあります。 自然のままのお庭と リノベーションした古民家を使ってやっている シェアーアトリエのことです。 たからの庭には、この時期 紅や白やピンクの椿が咲きほころ…

今年最後の鎌倉

年賀状書きがようやく終わって、 昨日は、うちの大掃除も終わっていないのに 鎌倉のお墓掃除に行ってきました。 行ったのが午後2時ごろだったので、 掃除が終わったら、もう4時を回っていました。 結構強い風が吹いていて、山の上から見ていると 由比ガ浜に…

お彼岸の鎌倉2

駅から通りへ出て、ちょうど向かい側の 「大巧寺」をのぞいてみました。 安産のお寺さんです。 紫式部がちょうど色づいていました。 白い花が数輪残っています。 本堂の前には、秋の七草に数えられる すすき、女郎花、そして吾亦紅。 うちのお墓は、ここから…

お彼岸の鎌倉

今日は、鎌倉へお墓参りへ行ってきました。 午後1時も過ぎて到着したので、お昼ご飯をたべることにしました。 小町通りにある「なるとや+典座」へ行ってみると、 いつもは階段に長い列ができているのに、 今日は、すっとお店に入ることができました。 いた…

昨日の鎌倉

八雲神社 お盆なので、お墓の掃除をしなくてはと、昨日は、午後から鎌倉へ出かけました。 朝からミンミンゼミデビューで、梅雨明けかなと思ってしまったのですが、少々雨がパラパラした時間帯もありました。 着いた頃には、すっかりいい天気で、海の方からに…

季節の食事会

鎌倉小町通りにある ”なるとや+典座” が、この春で十周年を迎えたので、 今日は、その記念の季節の食事会が開かれました。 ”なるとや+典座”は、野菜料理のみを出す食事処で、特に若い女性に人気があるお店です。 ひと月ごとにメニューが変わりますが、定食…

明月院の紫陽花

北鎌倉の紫陽花は、まだ見ごろには遠いと思いながら、 せっかく雨の中、北鎌倉までやってきたので、 ”明月院” へ足を延ばしました。 紫陽花が見頃の季節は 紫陽花を見に行くのか 人を見に行くのか というほど混んでいる ”明月院” なので、 実は、何度も何度…

鎌倉たからの庭

梅雨入りしてから、3日目。 今日は、雨も少し小ぶりになるかと期待していたのですが、 いつまでもびしゃびしゃと大ぶりの雨が続きました。 レインコートに長靴、といういでたちで、 北鎌倉の浄智寺さんの裏庭にある ”たからの庭” へ行ってきました。 ここは…

鎌倉花見

お彼岸に墓参りをしていなかったので、鎌倉へ出かけました。 天気も上々、月曜日だというのに鎌倉はかなりの人出でした。 まず、鶴岡八幡宮へ続く 「だんかずら」 のさくら。 駅前の道路を渡ったところにある大巧寺さん。 いつも花が絶えない庭ですが、さく…

鎌倉師走風景

今日は、年末の墓掃除に鎌倉へ行ってきました。 駅からちょっと行くと、鎌倉農協連合会、通称「連売」があります。 お正月の料理に使うたくさんの根菜類やサラダにできるような色鮮やかな野菜が並んでいました。 千両や小菊も野菜に混じって売られています。…

初秋の鎌倉

昨日は、秋分の日。 お墓参りに行ってきました。 駅へ戻る道々、お寺を覗いてみました。 常栄寺(別名ぼた餅寺)の彼岸花 大巧寺(だいごうじ)の彼岸花 鎌倉を散策する観光客は、歴史的な雰囲気を感じながら、季節の花々を見るのが楽しみのようです。私もそ…

梅雨明けと七夕

こんなに早く梅雨が明けて少々戸惑い気味の日曜日。 来週は、三連休で鎌倉は混むような気がして、お盆も近いので、墓参りに行きました。 終わった後、近くの長勝寺へ寄りました。 お堂の上の空がとっても青いです。 タイサンボクの白い花の上の空も青いです…

安養院のツツジ

鎌倉の続きです。 名越切通へ行く途中に、安養院という浄土宗の寺があります。 北条政子が夫である頼朝の冥福のために建てた長楽寺(すでに暁失)が前身の寺です。 安養院というのは、政子の法名でもあり、本堂には阿弥陀如来、千手観音といっしょに政子の像…

まんだら堂やぐら群

連休の後半、お墓の掃除のついでに、名越切通しの「まんだら堂やぐら群」へ寄ってきました。 去年の初夏、逗子から歩いてこの名越切通しまで来た時に、やぐら群のあるところを通ったのですが、そのときは、入り口の鍵が閉まっていて公開していませんでした。…

春の溶接体験イベント Fe★NEEDS

今日は、午前中鎌倉のFe★ NEEDSのイベントに行って、フォトフレームを作ってきました。 前回は、去年の夏。蚊取り線香立てを作りました。それ以来ですので、半年ぶりです。 切り取っているところ 初めに、ベースになる鉄の長方形の板の三辺にツタが絡んでい…

春めく鎌倉その3

大町八雲神社 大町を通って由比ガ浜方面へ歩いている途中、ちょっと右へ入ると八雲神社が見えます。ちょうど、新春だからか、厄除けの赤い旗が何本も立っています。ここのところ、始終お寺さんを巡っているのですが、またお参りしてきました。 小さな神社で…

春めく鎌倉その2

材木座から山を越えて、大町へ抜ける道があるはずだと(一度逆コースを歩いたことがあるので)地元の人に聞きながら歩いていきました。この辺りは、途中で行き止まりという道がたくさんあるので、分かれ道のところでは人に聞かないと分かりません。 かなり上…

春めく鎌倉その1

今日は、昨日とは打って変わって、風がなく暖かそうなので、墓参りを兼ねて鎌倉へ出かけました。まず、駅から若宮大路をまっすぐ海の方へ出ました。134号線を左に曲がり、材木座へ。 若布干し 若布干しは、湘南の春の風物詩です。鎌倉だけでなく、葉山や…

鶴岡八幡大祓い

いよいよ大晦日。 墓参りに鎌倉へ出かけたので、鶴岡八幡宮の大祓いに参加して、今年の厄をすっかりと落として帰りたいと思ったのですが、時刻を間違えてしまい、到着した時にはもう終わっていました。今年の厄はどうしたらいいのでしょうか・・・・・ 仕方…

鎌倉の遅い紅葉

紅葉 今日は、朝から冷たい雨が降っていました。 久しぶりに料理教室へ参加するために、マフラー、手袋、それに頭をすっぽり包む毛糸の帽子をかぶり寒さに対抗できるようないでたちで鎌倉へでかけました。 雨でしっとりと濡れて色鮮やかなもみじが散り敷き詰…

鎌倉秋の一般公開その2

大佛次郎茶亭 鶴岡八幡宮へ向かって若宮大路を歩いて行く途中、右にあるファミリーマートの手前を右へ入る路地を歩いて行くと黒い木の塀に囲まれた大佛茶亭があります。 13日は、秋の一般公開の日でしたので、門に秋の草花が飾られ華やかな雰囲気になって…

鎌倉秋の一般公開その1

旧川喜多邸別邸(旧和辻邸) 川喜多長政・かしこ夫妻は、東和映画会社を設立し、たくさんのヨーロッパの名画を日本に紹介し、またヴェネチア映画祭に日本の「羅生門」を引っさげて世界に日本の映画を知らしめたという点でも、日本と海外の映画界の橋渡しをし…

光明寺お十夜

山門から見た光明寺本堂 「十日十夜の間念仏を唱えれば、極楽浄土で専念修行するよりも勝る」という教えから陰暦の10月5日の夜から15日の朝までの十夜にわたって行われていた「お十夜法要」ですが、現在は、12日の夜から15日の朝まで行われています…

鎌倉の彼岸花が咲く寺その3

宝戒寺 浄光明寺も鎌倉では数少ない密教の寺でしたが、ここは天台宗の寺です。新田義貞の鎌倉攻めで最後を迎えた北条九代の霊を沈めるために、後醍醐天皇が足利尊氏に命じその屋敷跡に建てさせたという寺です。 北条氏の菩提寺東勝寺で九代執権北条高時をは…

鎌倉の彼岸花が咲く寺その2

浄光明寺 扇ガ谷にある真言宗の寺で、北条氏や足利氏とかかわりの深い寺です。本尊の阿弥陀三尊は、国の重要文化財に指定されていて、木、土、日の天候のよい日だけ、拝観できる特別な仏様です。(拝観料は200円) 英勝寺の前の道に沿ってJRが通ってい…

鎌倉の彼岸花が咲く寺その1

英勝寺 鎌倉では唯一の浄土宗の尼寺。徳川家康の寵愛を受けたお勝の方は、家康没後出家し英勝院と名前を改め、家光の配慮で扇ヶ谷に寺を与えられたのが始まりだそうです。水戸徳川家とのゆかりが深いため三つ葉葵の紋が施されています。 鎌倉駅の西口を降り…

鎌倉の路地から

素敵な飾り窓 佐助稲荷へ向かう路地に、まるで舞台装置に作ったような飾り窓がありました。窓のある壁一面に藤だとか蔦だとかいろんな植物が敷き詰められています。ここまでに仕立てるには、相当な時間がかかったことと思います。 その窓には、カフェレース…

鎌倉「佐助のさんぽ市」

香取線香立て 鎌倉の鉄工作のお店から「佐助のさんぽ市」の案内をもらいました。佐助というのは、鎌倉の西口からトンネルを一つ抜けた辺りです。 「さんぽ市」は、佐助にポツンポツンとある飲食店などが、そろってちょっとした手作りワークショップや特別な…

光明寺蓮の間

光明寺記主庭園 大巧寺の蓮の花 28日は、鎌倉で会食がありました。都内からやってくる友だちのために取って置きの食事をと考え、鎌倉の寺で唯一精進料理をいただける光明寺(浄土宗関東総本山)さんを予約しました。 例年だと、左側の庭園の池いっぱいに蓮…

名越切通し

三方を山に囲まれた鎌倉は、要害の地といわれていますが、逗子、三浦方面へ抜ける東南の切通しです。 周りはうっそうとした木が生い茂り、昼間も陽があまり入らないところのようで、腰の辺りまで伸びた羊歯が我が物顔で狭い道を囲んでいます。人影もなく怖い…

岩殿寺(逗子市)

岩殿寺は、坂東三十三観音二番札所です。山門の手前から三十三観音の赤い旗が何本も林立しています。 山門のところで、思いがけず、色づいたあじさいに迎えられました。ちょうどあじさいが見頃で、鎌倉の有名なお寺は、たくさんの観光客でごった返しているよ…