読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

昨日観た映画 ”世界の果ての通学路”

f:id:yporcini:20140514065646j:plain 

 この映画は地球を通学路という観点から描いた

フランスのドキュメンタリー映画です。

 この映画に登場してくるのは、

まずケニアの兄と妹。

 毎朝、象やキリンが住むサバンナ15㎞を2時間歩いて通います。

 次は、モロッコの女の子たち。

 毎月曜日、アトラス山脈の山間部22㎞を4時間かけて通います。 

 月曜日ごとに学校へ通学し、学校へ寄宿して週末帰る生活。

 その次は、アルゼンチンの馬で通学する兄と妹。

 毎朝、パタゴニア平原⒙㎞を1時間半かけて通います。

 最後は、インドの三人の兄弟。

 上の兄は、体が不自由で車いすを幼い弟二人に押してもらって

4㎞を1時間15分かかって通学しています。

 ただただ学校へと通う道中を描いた映画なのに、

ものすごくドラマティックで、

ついつい応援している自分がいました。

 この子どもたちは、家の仕事ももちろん手伝いますし、

学習意欲も旺盛で、

困難な遠い道を乗り越えて行くその向こうに

夢や希望がきらめいて見える映画です。

 昨日観てきたのですが、名画座 Jack and  Betty では、久しぶりに整理券が発行され、お客さんがいっぱいでした。

 まだしばらく上映が続くようです。