読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

季節の食事会

 鎌倉小町通りにある ”なるとや+典座” が、この春で十周年を迎えたので、

今日は、その記念の季節の食事会が開かれました。

f:id:yporcini:20140709122619j:plain

 ”なるとや+典座”は、野菜料理のみを出す食事処で、特に若い女性に人気があるお店です。

 ひと月ごとにメニューが変わりますが、定食(主食は、ごはんか、うどんを選べる)のみです。

 料理人は、”イチカワヨウスケ”さん。 

 今日は、いつもは出ない、肉と魚も使われ、レシピを用意してくれています。

 ふだんは、忙しく立ち働いているので、声をかけることもためらわれるのですが、

今日は、いろんな質問にも答えてくれました。

 初めの二品。

 上左、素揚げ野菜 トマト味噌(真ん中)

 上右、白身魚とかぶの昆布ジメ(今日の白身は、すずき)

 真ん中にあるトマト味噌というのが、ポイントです。

 いろんな食材に応用できる優れものです。

f:id:yporcini:20140709124459j:plain

 次は、

 左、蒸し鶏 きゅうりソース

 右、味噌オクラトースト ピクルス添え

 左側のきゅうりソースが、涼しげでさわやかです。

 ソースには、塩の代わりに煎り酒を使ってあります。

 右側のトーストは、味噌のみの味付けのトーストは、考えたことがなかったので、意外性を感じました。

 

f:id:yporcini:20140709130957j:plain

 左、新しょうがのご飯

 右、水茄子とトマトのサラダ

 新しょうがは、いっしょに炊き込むのではなく、みじん切りにしたものを盛り付けた後にのせているので、風味も辛みも強く大人向けです。

 しょうがと青紫蘇の風味がふわっと香ります。

 水茄子とトマトのサラダのドレッシングは、煎り酒と太白ごま油だけですが、野菜からの水分が出て、和えるだけでとても美味しいです。

 今日の、料理では、調味料に、麦味噌と煎り酒が多く登場しました。

 今、食べたいものをどう料理するか、しかも家庭でも簡単に作れる というコンセプトで献立を考えたとおっしゃっていましたが、

 私でも、簡単に作れるものを教えてもらったような気がします。

 今さらですが、つくづく、料理は、美味しいものを食べたいという意欲とインスピレーションだと思います。 

 帰りに鎌倉の農協連売に寄ると、水茄子、彩りのいいミニトマト、黒いインゲンがあったので、買ってしまいました。

 もちろん、煎り酒と麦味噌も。