読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私の横浜ガイド その3

私の横浜街案内

翌日、ご飯とみそ汁、それに数種類のおかず、コーヒーなどをしっかりといただき、チェックアウト。

この日も、快晴。

f:id:yporcini:20141115113549j:plain

風もないので、横浜港クルーズへとお誘いしました。

春から、友人が横浜を訪れるとクルーズ船に乗っているので

今回で4回目。

とても上手なアナウンスの女性の顔も

写真を頼むと、いろんな角度からシャッターを押してくれるキャプテンの男性の顔も覚えてしまいました。

晴れていると海の色も青くて気持ちも晴々してきます。

出発は、ピア赤レンガ倉庫。

隣は、新港埠頭。

海上保安庁のパトロール船が数隻停泊しています。

f:id:yporcini:20141115111321j:plain

いつものようにベイブリッジを超えました。

高さは、55m。

エリザベス号が、潮待ちしてやっとくぐったニュースもこの春のことです。

クイーンメリー、ボイジャーオブザシーは

潮待ちしてもくぐれないサイズなので、

仕方なく、この写真の右端にある貨物専用の大黒ふ頭へ停泊したそうですが、

クイーンメリーは、それ以降もう横浜へは寄港しなくなりました。

f:id:yporcini:20141115110605j:plain

本牧ふ頭です。

ディズニーランドの6倍の広さがあります。

私は、このガントリークレーンを見るのが好きなのですが、

今日は、何機かこの大きなコンテナをガシッとつかんで持ち上げているところが見られました。

オペレーターは、すごく集中力が必要なので、1時間で交代。

そのためオペレーションルームには、二人が乗っているそうです。

箱のガラスの底を通してコンテナを見て操作するので、

熟練するまでにずいぶんと時間がかかります。

今や港では、花型の職業かもしれません。

f:id:yporcini:20141115111715j:plain

ロイヤルウイング号がそばを通りました。

食事をしながらクルーズできる大きな船です。

赤いサンタのビニールの人形が愛嬌をふりまいています。

船もクリスマスに向けて趣向をこらしています。

みなとみらいは、続々とクリスマスのイルミネーションが増え

澄んだ空気にきらきらと輝く季節に突入です。

今回のガイドは、これにて終了。

横浜初めてという人もいたので、今回は張り切って計画を立てましたが、

喜んでもらえたようで、嬉しかったです。

天気も十分すぎるくらい、味方をしてくれました。