カリフラワーで二つ

f:id:yporcini:20150306201056j:plain

  昨晩、カリフラワーでおかずを二つ作りました。

 一つは、先日のホマレ姉さんレシピのフリッターです。

 カリフラワーを小麦粉とビールで作った衣につけて、揚げるだけです。

 抹茶塩とゆず塩を用意して、揚げたてのフリッターにつけて食べます。

 揚げた?のカリフラワーは甘く、フリッターの衣も美味しいです。

 抹茶や柚子が香り立ち、野菜だけでもご馳走になります。

 もう一つは、カリフラワーと海苔のあえ物です。

 ゆでたカリフラワーに千切った焼き海苔を入れ、薄口しょうゆと

黄白ごま油をドレッシング代わりにかけて和えただけです。

 それでも、海苔とごま油が香り立ち食欲をそそります。

 一個のカリフラワーを

半分ずつ調理しましたが、どちらも美味しく

1人でペロッと食べきってしまいました。

f:id:yporcini:20150227200301j:plain

 実は、あえ物に使ったごま油は、

先日雑誌のプレゼントコーナーに応募して頂いたものです。

 今までみんながやりたがらない世話役だとか

そんなものにはよく当たりましたが、

宝くじをはじめ、ほしいものに当たることは

ほぼありませんでした。

 

 この雑誌は、神奈川新聞が発行している「横濱」という季刊誌で

メイドイン・ヨコハマ 食の一品という特集を組んでいたので、

掲載されたメーカーがプレゼントを出したのです。

 その中で、私が応募したのが”胡麻油”だったのです。

 老舗メーカーが圧搾法で作った香り高い胡麻油です。

 ほかにも、醤油、ケチャップ、糀、味噌など

横浜にも原料や製法にこだわった

食のメーカーがあることを知ったのは、大きな収穫でしたが、

実物をもらえたのは、予想外の喜びでした。

 「美味しい料理をつくりなさい。」

という、天の声かもしれません。

 実は、前号でもお菓子が当たったので

「今年は運がいい。」と

人にしゃべったら、

「この雑誌は、発行部数が少ないから確率が高いだけじゃないの。」

と返されました。

 そうかもしれません。

 この雑誌、横浜市や企業の宣伝も入っていますが、

横浜の歴史を知り、地域の特徴をつかむには、

楽しく読める本だと思っています。