読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

足下は、紫の花盛り

植物

f:id:yporcini:20150419145707j:plain

 油断すると踏んでしまうくらい小さい。

 うちの実家の庭は、ちょうど、タツナミソウが花盛り。

 春の波がざぶんざぶんと打ち寄せている。

 今年は、ずいぶんと勢いがよい。

 花の名は、北斎の浮世絵の立浪からつけられたようだ。

 草取りの切りが付いたので、隣の植物園に移動。

f:id:yporcini:20150419150313j:plain

 こちらは、植物園の玄関のそばのジュウニヒトエ

 たくさん花が重なっている様を見て

十二単と名づけたようだが、よく考えたものだ。

 これは、園芸種のジュウニヒトエ

f:id:yporcini:20150419153023j:plain

 この白いのと後ろに咲いている薄紫のが、野草のジュウニヒトエ

 丈が、園芸種のものよりも低い。

 今は、東京の近郊では

造成とか開発で絶滅危惧種に近いと言われている。

f:id:yporcini:20150419151005j:plain

 これは、キランソウ

 ジュウニヒトエに似ているが、花は重なっていない。

 キランのキは、古語で紫を表わし、ランは藍色を表わしたそうなので

色合いからこの名前になったという説があるが、

ほかの説もあり、よくわからない。

 春先は、スミレをはじめ野草には紫のものが多いのは、

この時期の在来の昆虫に この色が好まれるのかもしれない。

 おまけ

 今日の昼ご飯

f:id:yporcini:20150419134107j:plain

 青大豆の浸し豆というのは、初めて作ってみたが、

煮豆とは違って、柔らかくゆでてから

薄味の出汁に昆布と一緒につけておくだけなので、

上品な味に仕上がって、箸休めにいい。

 久しぶりのヤーコンのきんぴらは、

 シャキシャキとさわやかな歯ごたえ。