読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ツリーカフェ  ”なんじゃもんじゃ”

f:id:yporcini:20150424135028j:plain

 昨日のことです。

 用事で横浜駅近くまで出たので、

えこさんのブログで教えてもらったツリーカフェへ行ってみました。

 幼いころから憧れを持ってきたツリーハウスです。

 横浜駅から歩いて行けるところにツリーカフェがあるというので、

即行くことにしたというわけです。

 

 カフェの案内では、地下鉄の三ツ沢下町の駅からのルートが書いてありましたが、

地図を見ていて、横浜駅の西口からも歩けるなと思って

感を頼りに歩いて行きました。

 西口辺りは海だったところを埋め立てたところなので、

必然的に住宅地があるところは、少しずつ高くなっていきます。

 高台の尾根道までは順調に行ったのですが、

尾根道から三ツ沢へ下りる階段が二つ見つかりました。

 

 降りてから引き返すのがもったいなくて、

通りがかりの方に、

「あのう、道をお尋ねしたいのですが。」

と、聞いたとたん、

なんじゃもんじゃでしょ。」

とのお返事。

「どこって聞かなくても、わかっちゃうんですね。」

と、いうと、

「この頃、よく聞かれるから。」

 とのこと。

目の前の階段を下りるように教えてくれました。

 そこからは、目と鼻の先でした。(駅から徒歩20分)

 

 その辺りは、北に開けた斜面で、静かな住宅地です。

 着くと、大きな木の前の道には、先客が4組並んでいました。

 何せ中に入れる人数が少ないので、待ち時間がかかりそうです。

 私は、Gパンで行ったので、道端に座っていましたが、

おしゃれをして行くと、結構たいへんかもしれません。

 

 木登りしなくても、上のカフェの建物まで続く階段があります。

あの階段を登ったところには、何があって、何が見えるんだろう

そんなことを想いながら待っていました。

f:id:yporcini:20150424150852j:plain

 廃材?、トタン、木の枝そんなものを寄せ集めた手作り感満載の建物です。

 下の建物にカフェスタンドがあり、

座席が中に2テーブル、周りのバルコニーに2テーブル、

上のロフトにテーブルが1つあるだけのようです。

f:id:yporcini:20150424150716j:plain

 中に入るとこのでぶっちょ天使が迎えてくれます。

 インテリアも椅子やテーブルもレトロなものばかりです。

f:id:yporcini:20150424150542j:plain

 ロフトに上がる階段です。

 木の幹に沿うように上がって行く階段で

最後の段で、靴を抜ぐのだそうです。

f:id:yporcini:20150424144948j:plain

 私は、コーヒーとアップルクリームチーズが入った自家製ベーグルを食べました。

 ベーグルは、皮はパリッと、中はふわっとして美味しいです。

 ガラス越しに木漏れ日が入ってくるからなのか、

シャボン玉のような光がちらちらとした夢の国です。

 

 木の上でしきりに鳴いている小鳥の声が聞こえます。

 お店の方は、

「窓から小鳥が入ってくることもあるんですよ。」

 と話されていました。

 もちろん、午前中の人気のない時間のことでしょうが。

 

 私が知っている、通称なんじゃもんじゃという木は、

ヒトツバタゴという名前なんですが、

このツリーハウスの木は、タブの木だそうです。

 この山が住宅地に開発される前から生えている木で

樹齢も100年以上じゃないかとのこと。

 

 この季節、新緑のタブの木には、緑のつぼみがたわわになっていて、

ちょっと風が吹くとさわさわと零れ落ちています。

 

 もうすぐ、花が咲いて、それから実がなって

そんな季節のうつろいを小鳥と一緒に感じてみたい気がしました。

 

 *このお店、雨風が強い荒天の日にはお休みですので、行かれる時は

  お店の案内を見てからいかれが方がいいです。