読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「カプチーノはお熱いうちに」

映画

f:id:yporcini:20151113223409p:plain

   映画の2本目は、「カプチーノはお熱いうちに」。

 イタリアのアカデミー賞である ダヴィッド・ディ・ドナテッロ賞

取った作品。

 命もカプチーノも熱いうちだよ という意味のようだ。

 

 私は、単純にイタリアが好きで、時々イタリア映画を観るのが秘かな楽しみだ。

 この映画の舞台は、イタリアの長靴のかかとにあたるところにある レッチェ

 初めて聞く街の名だ。

 アマルフィとかアルベロベッロの近くらしい。

 アドリア海に面したとても美しい街である。

 街の建物は、みな砂岩色していて、いかにもイタリアらしい。

 この街は、日本では知られていないが、高級な避暑地なのだそうだ。

 街からちょっと行くと、海が見える。

 

 映画の一番初めのシーンは、ザーザー降りの雨。

 急な雨で、人はバスの待合所に次々に走り込んでくる。

 飛び込んできたアントニオが人の足を踏んだのに

あやまらなかったことをめぐって

主人公のエレナと言い争い、お互いに嫌な印象を持つが、

そのうちお互いに引かれあい、考え方が正反対の二人は結婚する。

 ここまでは、わくわくどきどきの恋のお話だ。

 

 エレナのカフェ経営も順調に行き、二人の子どもにも恵まれるが、

13年後、エレナは乳がんと診断され、闘病生活に入る。

 人生のピンチ状態をどう乗り切るかを丁寧に写し撮っていく。

 

 この映画には、ゲイの問題や、移民の問題や、ベジタリアンにかかわる話など

イタリアの今日的な課題も出てくる。

 

 街角を走るスクーターが、ベスパだったのも、

私には、何だか嬉しい。

 主人公のエレナとアントニオが恋に落ち、

オートバイで出かけたブルーの海の色が印象的で

映画鑑賞後もしばらくその色が脳裏に残った。

*上映はJack&Bettyで20日まで。