読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コールラビで2品

f:id:yporcini:20160129134258j:plain   f:id:yporcini:20160129134336j:plain

 昨日は、一日ずっと冷たい雨が降っていました。

 この紅梅は、弘明寺の裏門に咲いていたものですが、

雨粒をつけた姿を見ていると、一段と寒さが身に染みてきます。

 

 一日前の28日が横浜の梅の開花日ということでした。

 うちの近くの梅はもうだいぶ前から咲き始めているので、

一体どこの梅が咲きはじめると

正式な開花日になるのかと不思議でした。

 

 因みに東京は、1月10日が開花日でした。

 横浜とたいして変わらない気温なのに

どうしてこんなに差があるのかというのも不思議です。

 

 調べていたら、日本海側の福井は、1月4日だそうですので、

梅の開花はなかなか複雑だなと思いました。

f:id:yporcini:20160128135441j:plain

 これは、11月に近くの植物園で買った野菜の苗で、

知人の畑の開いているところに植えさせてもらったものです。

 

 「何だか下の方が膨らんできたよ。」

いわれていたので、一昨日見にいきました。

 私は、てっきりキャベツだと思っていたのですが、間違っていました。

 名前は、「コールラビ」。

 

 ドイツ語で、コールがキャベツで、ラビがカブのことだそうです。

 ドイツでは、ポピュラーな野菜らしく、生でサラダにもするし、

炒め物、蒸し物、煮物‥‥など幅広く使える野菜だそうです。

 

f:id:yporcini:20160128135514j:plain

 隣に植えたのは、芽キャベツです。

 小さなかわいいキャベツが付き始めています。

f:id:yporcini:20160128135700j:plain

 ちょっと離れてますが、もう一つ植えたのが赤キャベツです。

 まだまだ巻いていませんが、ほかのキャベツは虫が食べた跡があるのに、

この赤キャベツは、虫がついていないので不思議でした

 これは、まだまだ時間がかかりそうです。

 

 畑を間借りして植えただけですが、自分が買って来た苗だと思うと

やっぱりかわいいものです。

f:id:yporcini:20160128135818j:plain

 茶色い鳥が飛んできて木の枝に止まりました。

 ツグミンです。

 この辺にもたくさんいました。

f:id:yporcini:20160130191217j:plain

 今日、2個のうちの1個収穫してきた「コールラビ」を料理することにしました。

 葉っぱは、ブロッコリーのようで、球のところは、キャベツのようなカブのような

不思議な形です。

f:id:yporcini:20160130200652j:plain

 3分の2を使ってポタージュスープにしました。

 まわりは緑色なんですが、中はカブと同じで白いのです。

 葉っぱを刻んで入れたので

こんなにきれいな淡い緑色になりました。

 

 コールラビも玉ねぎをコンソメスープでやわらかくなるまでゆでます。

 身だけ取り出し牛乳を加えてミキサーにかけます。

 鍋に移して塩とコショウで味を調えると出来上がりのお手軽スープです。

 最後に飾り用のしめじと赤ちゃんの葉っぱをのせました。

 

f:id:yporcini:20160130201318j:plain

 あとの三分の一を使って、炒め物を作りました。

 ニンニクのみじん切りとアンチョビと

細切りにしたコールラビとシイタケを入れ炒め合わせます。

 少し色がついたら、弱火にして適度にやわらかくなれば出来上がり。

 こちらもお手軽炒め物です。

 

 コールラビはとにかくほのかな甘さがあって、

食べるとほっこり優しい気持ちになれます。

 

 2個目が収穫できたら、今度は生も試してみようと思います。

 ブロッコリー感覚で食べられるのでどこかで見つけたら、

ぜひお試しください。お勧めです。