読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

春の野草とランチ

植物

  24日、秦野で野菜の買い物をした帰り、

愛川ふれあいの村で野草を見てきました。

f:id:yporcini:20160424131056j:plain

 春の妖精がふわっと舞い降りてきたかのような花は、イカリソウ です。

 船の錨の形に見えるところからついた名前だと思います。

 その可憐なピンク色のコスチュームは、バレエのチュチュのようです。

 この日は、ちょうど満開でした。

f:id:yporcini:20160424131114j:plain

 そのお隣には、紫のミヤコワスレが咲いていました。

 その昔、因幡 晃の歌に「都忘れ」というのがあったのを思い出しました。

 「わかってください」という曲がとても好きでした。

 と言っても、今の方はご存じないのでしょうが。

 この濃い紫の花が昔から好きでした。

 五月過ぎてからの開花だと思っていましたので、ちょっと驚きました。

f:id:yporcini:20160424131156j:plain

 ノブキの間に咲いていたのは、二ホンサクラソウ

 日本在来種のサクラソウは、楚々とした着物の似合う女性を想わせます。

f:id:yporcini:20160424131820j:plain

 たぶん、フデリンドウ

 本当に丈も短く毛筆の小筆のようです。

 歩く道の真ん中にも出てきていたので、あわや踏んでしまうとことでした。

f:id:yporcini:20160424131939j:plain

 スギゴケでしょうか。

 淡い緑色は、宝石のような輝きでした。

 苔の上に落下したさくらの花弁一つ。

 ふわっと緑の絨毯に軟着陸です。

 

 

 ここからは、花より団子です。

f:id:yporcini:20160425084329j:plain

 秦野で買って来た野菜です。

 お目当てはフェンネルでした。

 

 この日は、開店前についていたので、手に入りましたが、

遅く行くともう売れてしまっているハーブです。

 葉の部分は、都会でも手に入りますが

茎の元の白い部分が入っているのは、なかなか手にすることができないのです。

 

 ホマレ姉さんのレシピに入っていたので、

どんな味がするのか一度食べてみたかったのです。

 

f:id:yporcini:20160426142207j:plain

 翌日の昼食です。

 手前が、そのフェンネルの白いところとモッツアレラチーズを小さく切って、

塩コショウ、オリーブオイルのドレッシングに混ぜて

冷蔵庫に半日ばかり入れておいたものです。

 セロリの白いところと似た感じがしますが、

もう少し甘やかな感じで、やはり独特の香りでした。

 

 ついでに、後ろの左は、グリーンアスパラを買って来たので、

玉ねぎとジャガイモと一緒にポタージュスープにしたものです。

 玉ねぎを炒めている時に焦がしてしまったのと

牛乳でなく豆乳で作ったので、色が冴えませんが、お味は良かったです。

 

 もう一つは、’食パンのフレンチトーストです。

 タマゴとはちみつと牛乳につけておいて、

バターで焼いてシナモンを振りかけました。

 

 上手に色よく作れば、どこかのカフェで食べたメニューといってもいいのではと

自画自賛のランチでした。