読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ホシハジロ日記

 *ご存知ない方へ

 このホシハジロは、去年の暮れに北の国から仲間と一緒に渡ってきたのですが、

左の羽を故障していて仲間が北へ帰る日が来ても、帰ることができずに

それ以来ずっとこの大岡川へ残って生活している鳥なんです。

 見守るしかできないけれども、この川を渡る時には必ず消息を訪ねて

時々記録しているものです。

 ホシハジロのオスなので、私は勝手に「ホシくん」と名前を付けて呼んでいます。

 

 5月15日、図書館へ本を借りに行くついでに大岡川へ。

 この日は、満ち潮から引き潮へ変わっていくところでした。

 

 ホシくんは、この日も元気で水の中。

f:id:yporcini:20160515125618j:plain

 水に入る前の出来事です。

 ホシくんが水に入ろうとしたら、小さなカメが前にいました。

 「ちょっと邪魔、どいてよ。」といわんばかり、

ホシくんは、水かきでひょいとカメの甲羅を蹴りました。

 「今、蹴ったよねえ。」(私の心の言葉)

 私の見間違いかもしれない、と思っていたら、またカメを蹴ったので

(へえ~ ホシくんって、結構やるんだ。)

 大きな鯉と、たくさんいるカメのいるここいらの環境に

だいぶ慣れてきたことをちょっと嬉しく思いました。

 

 さて、今日はいい天気で暑いしねえ。

 

 どれどれ、水でも飲もうかな。        ご飯も食べなくちゃ!

f:id:yporcini:20160515125713j:plain     f:id:yporcini:20160515125726j:plain

 次は、羽繕い。

f:id:yporcini:20160515130252j:plain

 手羽元から順番だよ。

f:id:yporcini:20160515130515j:plain

 みんなは、こんなアクロバティックなことできるかな?

f:id:yporcini:20160515130520j:plain

 首が背中に付くんだよ。

 これでだいぶ先まで羽繕いできたよ。

f:id:yporcini:20160515130843j:plain

 これって、羽繕いしながら覚えた渦巻きダンスなんだよ。

 こんなにくるくる回れるかい!

f:id:yporcini:20160515131217j:plain

 さて、次は右羽だけで水しぶきを上げる技、見てるみんなも涼しくなるだろ。

 暑い日は、これに限るね。

f:id:yporcini:20160515131349j:plain

 これって、バランスとるのがちょっと難しい。

 それなら、左の羽も使えばいいじゃないかって。

 使いたいのは、やまやまだけど、みんなも知っているだろ。

 けがしているから伸ばせないんだよ。

f:id:yporcini:20160515131505j:plain

 ああ、もっとバシャバシャ思い切り水しぶき上げたいなあ・・・

 

 帰ろうと弘岡橋のところまでくると、

f:id:yporcini:20160515132144j:plain

 横断歩道に5,6羽のドバトがひょこひょこ歩いているではありませんか。

 そのうちのこの二羽、右がオス、左がメスらしい。

 オスの首の異様なふくらみは恋心の証?初めて見ました。

 メスを追いかけていくオスの足取りを見てください。

 しかしながら、メスはとっととっとと歩いていってしまう。

 どうやら受け入れられない様子。

 結局、強引にオスがメスにアタックしたとたん、飛び立ってしまいました。

 この恋の行方は?

 

 その前のペアーは、写せませんでしたが、

結婚成立した模様、仲良く飛んでいきました。

 びっくりですねえ、横断歩道は、ドバトの合コン会場だったのです。

 

 ホシくんも今頃北の国へ帰っていれば、

かわいいお嫁さんを見つけたでしょうにねえ。