読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

砂浜の植物観察 ー茅ヶ崎海岸

f:id:yporcini:20160612082853j:plain

 日曜日に初めて茅ヶ崎へ行ってきました。

 駅からバスに乗ること5分、ヘッドランド前というバス停で降りて

134号線を横断すると茅ヶ崎海岸へ出ます。

 有名な烏帽子岩が目の前に見えました。

 

 朝8時半くらいの海岸のようすです。

 海には、波乗りをする人たちがもうたくさんやってきていましたが、

風がない分波は穏やか、彼らにはちょっと物足りない日和です。

f:id:yporcini:20160612083246j:plain

 西を見ると、雲の切れ間から富士山のかけらが見えました。(真ん中ちょっと上)

 もう富士山の雪もほとんど消えていて、すっかり夏仕様です。

f:id:yporcini:20160612095040j:plain

 東には、ご存知江の島、その向こうに三浦半島が見えています。

 鎌倉からしか見たことがない江の島です。

 

 この日は、「NPO法人ゆい」が主催しての海浜植物の観察会があったのです。

 湘南海岸の海浜植物と触れながら、

生態系の保全と再生という草の根運動をやっているNPO法人だそうです。

 

 私がかつて読んだ本に「はまひるがおの小さな海」というのがありました。

 その物語のハマヒルガオが、砂浜一面に広がったところを

見てみたいと思っていたところ

茅ヶ崎ハマヒルガオが見ごろを迎えている」 

というニュースをラジオで聞いたのがきっかけでした。

 茅ヶ崎は、初めての場所なのでどのあたりなのか調べているうちに

今回のこの観察会を知ることになったのです。

 

 まず、そのハマヒルガオ

f:id:yporcini:20160612084432j:plain

 聞いた時期がだいぶ前でしたので、

ちょぼちょぼとしか残っていませんでしたが、

待ってくれていたハマヒルガオを見つけました。

f:id:yporcini:20160612083426j:plain

 咲きたての新鮮なハマヒルガオのようです。

 ピンクが濃くって、花びらに切れ込みが入っています。

 葉っぱは丸みを帯び、肉厚です。

 普通のヒルガオの葉の形がやじり形に対して鉾形。

f:id:yporcini:20160612092506j:plain

 もうハマヒルガオの実ができていました。

 思ったよりも大きな実です。

f:id:yporcini:20160614121720j:plain

 この写真は、うちの近くに咲いていた普通のヒルガオです。

 花の大きさはほとんど同じくらいですが、葉っぱの形はやじり形です。

f:id:yporcini:20160612091849j:plain

 次に代表的なのがこのハマボウフウ

 セリ科の植物で、もう白い花は終わってしまっていて

後にできた実しか撮れませんでした。

f:id:yporcini:20160612092423j:plain

 ハマボウフウの若芽は、お刺身のつまに

根は、風邪薬にも糖尿の薬にもなるようで、なかなか有用な植物です。

f:id:yporcini:20160612091146j:plain

 これは、コウボウムギです。

f:id:yporcini:20160612091206j:plain

 コウボウムギの三兄弟?

 葉の縁がのこぎり状になっています。

 ハマヒルガオと並んで、砂丘の最前線の過酷な条件のところに生えるのだそうです。

f:id:yporcini:20160612092731j:plain

 美しい黄色い花を咲かせていたのは、ハマニガナ

 食用にもなりますが、神奈川県RDB絶滅危惧Ⅱ類なのだそうですので

大事に育てなくてはなりません。

f:id:yporcini:20160612095529j:plain

 どこかで見たことがあるような・・・オカヒジキです。

 オカヒジキがこんな砂地で育つことを初めて知りました。

f:id:yporcini:20160612095621j:plain

 ツルナ

 ニュージーランドホウレンソウとも言われ、

ゆでてお浸しにして食べることができるそうです。

f:id:yporcini:20160612100200j:plain

 葉裏を見ると、小さな白い粒が見えますが、

取り込んだ塩分など必要以外のものを排出しているのだそうです。

 近頃人気のアイスプラントと同じような機能を持っています。

f:id:yporcini:20160612101628j:plain

 美しい花を咲かせていたコマツヨイグサ

 オオマツヨイグサというのがありますが、

文字通り花も草丈も小さなマツヨイグサです。

f:id:yporcini:20160612091049j:plain

 これがはびこるとほかの植物の生育を妨げるそうで

この日は、この草を抜く作業をしました。

 根が深いですが、砂地なので引っ張れば

ずるずるずると割と簡単に抜くことができます。

 これは、快感です。

f:id:yporcini:20160612101812j:plain f:id:yporcini:20160612101335j:plain

 ハマダイコンの花と実。(写真がぼけています)

 このピンクの花は海の近くへ行くと見つけることができます。

 3兄弟がよく出てくる日で、このダイコンの実も団子3兄弟。

f:id:yporcini:20160612101853j:plain

 134号線の道路と砂浜の間は、黒松の林の緑地になっていますが

そこへ入った時に見つけたハマカキランです。

 (写真がぼけています。)

f:id:yporcini:20160612104635j:plain

 テリハノイバラです。

 ほかにも観察した植物があったのですが、

写真を撮ったのだけ上げてみました。

 

 この日集まった方々は、ほとんどが地元茅ヶ崎の方でした。

 私は、事前に連絡も取らず全くの飛び込みで行ったにもかかわらず

皆さんが、温かく接してくださって楽しく観察ができました。

 植物は、好きでよく観察しますが、砂地の植物はほとんど知識がなかったので

すごくいい勉強になりました。

 

 この植物たちを育てることで生態系がどう変わっていくのか

海岸の環境がどうなっていくのか興味があるところです。

 地元ではないのですが、できるだけ参加してみようと考えています。

 次回は、7月3日。

 この場所より西側にある茅ヶ崎漁港の近くでの観察会だそうです。

 詳しくは、特定非営利活動法人ゆい(NPO法人ゆい)をご覧ください。