読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

初めて食べたアイナメ

 

 アイナメの塩焼き            アイナメのから揚げ

f:id:yporcini:20161101101357j:plain   f:id:yporcini:20161101101412j:plain

 みをつくし料理帖によく出ていたお魚にアイナメというのがありました。

 名前は、聞いたことがあるけれど、

買って料理をしたことがなかった魚だなと思っていたところ、

日曜日、閉店間際のデパートの魚売り場を覗いたら、

偶然にもこのアイナメに出会ってしまったのです。

 今まで気がつかなかったのか、夕方には残っていなかったのか

出会えなかった魚なんです。

 ちょうど半身になっているし、値段も半額まで下がっているし

これは買うしかないなと思ったしだいです。

 大げさですが、ちょっと運命的な出逢いでした。

 

 この魚、産卵前の春、夏が旬の魚で、

日本全国どこの岩礁にもいる魚だそうなので、

アブラメとかアブラコとか地方地方によっていろんな呼び名があるということです。

 いずれにしてもアブラののった人気のお魚ですから、

近くのスーパーなどでは見たことがない高級魚です。

 

 その日のアイナメは、北海道産、体長は40cmくらいです。

 外観を写真に撮るのを忘れましたが、スズキのような灰色っぽい色です。

 

 みをつくし料理帖には、中の身を覆う黒い皮を取り、骨切りもするし

手間がかかる魚だと書いてありましたが、

今回は、始めから下準備はされているものなので、

うろこ取りと骨切りをやってみました。

 

 魚屋さんに聞いたところ、

「虫がいるので、生はやめて煮魚か塩焼き、天ぷらもいいよ。」

とのことでしたので、塩焼きと、残りはから揚げにすることにしました。

 さすがアブラがのった白身のお魚、

塩焼きにしてもから揚げにしても好評でした。(友だちにも持って行ったので)

 本のお蔭で新しい食材にも出会えて秋を満喫中です。

 

 おまけ

 10月のある日のお昼ごはん

f:id:yporcini:20161027125153j:plain

 左側から、

 しめじと厚揚げのみぞれ和え

 けんちん汁(ダイコン、ニンジン、ゴボウ、こんにゃく、油揚げ、さつまいも)

 ハヤトウリのぬか漬け

  今、このハヤトウリを友だちからもらうので、

 もっぱらぬか漬けで食べていますが、

 歯ごたえがパリッとしていて何とも言えない美味しさです。

f:id:yporcini:20161031101257j:plain

左上から

カボチャのフライパン焼き

ちりめんザンショ

切り干し大根の炒め煮(切り干し大根、ニンジン、ツナ缶)

サンマの佃煮(ショウガ、梅干し)

それに、玄米とナメコのお味噌汁

 ちりめんザンショ、切り干し大根の煮物、サンマの佃煮は、

多く作るので何回も登場します。

 時間がある時に、いくつか作り置きできるものを用意しておくと、便利です。

 決して、贅沢なものは使っていませんが、

滋養があるものを食べられて幸せな気分になれます。