読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

中華街で昼御膳

 雑誌のおまけでチケットが当たったので、

八王子の友人を誘って横浜美術館へ行きました。

 この日は、あいにく雨模様の天気だったので、桜木町で待ち合わせてから、

まず美術館へ直行してゆっくりと鑑賞しました。

 

 この日の展示は、BODY/PLAY/POLITICS,

身体を通じて立ち現れる肌の色の違いや性差、民族的習慣や生活スタイルなど、

時に歴史的な不幸を招いたりしてきたことを踏まえ、

将来へ向けて新たな意味を見出そうというようなインスタレーションが主の

現代作家さんたちのものでした。

 

 あまりにゆっくりと鑑賞していたせいで、ふと時計を見ると12時45分、

1時に萬珍楼でランチを予約してあったので、あわてて中華街へ向かいました。

f:id:yporcini:20161214144434j:plain  f:id:yporcini:20161214144527j:plain

 萬珍楼へ入ると、細密な彫刻を施した壁面が目に飛び込みます。

 たくさんの獅子が刻まれているので、獅子の数を数えたりしていますが、

何匹いたかすぐに忘れてしまいます。

 横にある獅子には、灯りが点り、中国のお正月、春節も間近だなと想いました。

f:id:yporcini:20161214143725j:plain

 ここのダイニングは、昼間でも照明をやや落としてあり、

両サイドに赤い提灯が飾られていて、中国の映画に出てくる上海の雰囲気を感じます。

 日本に居ながらにして、異国を感じられるのもいいところです。

 

 荷物を座席に置くと、上から荷物を覆う布を被せてくれます。

 また、熱いものは、熱く、冷たくしてあるものは、皿からスプーンまですべて

冷たくしたものが出てくるなど、いい気分で食事ができる配慮がされています。

 

 中華街には、たくさんの食堂がありますが、すべてを食べることは叶いません。

 ウイークデーのランチは、800円も出せば、スープ、主菜、副菜、サラダとか漬物、

それに杏仁豆腐が付いたものが食べられます。

 

 近頃食材にこだわりが出てきたので、外食であっても

できれば安心安全なものが食べたいと思うようになりました。

 値段から材料の素性が見えるので、安いからといって

手を出すことができなくなりました。

 

 老い先短くなったからでしょうか。

 できれば少しでいいから多くの種類のお菜を食べたいと思うようにもなりました。

 私は、ここのところ中華街で会食をするときは、

萬珍楼の「昼御膳」と決めています。

 (*ウィークデーのみ限定30食、値段は2200円+サービス料10%)

 この日も、ウイークデーだったので、迷わずここを選びました。

 

f:id:yporcini:20161214133102j:plain

 まず、熱いスープが出てきます。

 

 

  1.