読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かげろひご飯

 

f:id:yporcini:20170216064834j:plain

 退院した母は、通院などが続いて体調が思わしくなく、

先週から今週にかけて夜勤の方が1人体制の時間帯の朝ごはんに付き添うため、

早朝6時半ごろ通っておりました。

 夜明けが早くなったため、この丘を過ぎるころ、はや太陽が東の空を赤く染めながら

街のシルエットを浮かび上がらせます。

 保土ヶ谷の野球場やその向こうにみなとみらいにある’ランドマークも見えます。

 西の空を見ると、まあるいお月様が傾きはじめるのが見え、

ふと万葉集の歌を思い出しました。

  

    東(ひむがし)の野にかぎろいの立つ見えて

              かへり見すれば月かたぶきぬ 

 

 私は心が元気でない時は、余計に滋養があって美味しいものを食べなくちゃと

思うのです。

 だれかに作ってもらうことを期待できないので、

作ることで自分を鼓舞するそんな効果があるのかもしれません。

 

 歌を思い出したこの日、お昼に作ったのは、「かげろいご飯」。

 このところ、風干しに入れ込んでいる私ですので

あれこれと干しております。

 その参考書の’中に「かげろいご飯」があったのです。

 名前がいいですよね。

f:id:yporcini:20170216144445j:plain

 なんだと思われるかもしれませんが、

干した小松菜と青紫蘇と鮭のほぐし身を入れ込んであるおにぎりです。

 五分搗きの米、5センチ四方の出し昆布、梅干しを一つ入れてご飯を炊きます。

 炊きがったご飯から昆布と梅干しの種を取り除き、混ぜた後、

かげろいの鮭のほぐし身と小松菜と青紫蘇の粉末を入れ込めば出来上がりです。

 

 たかが鮭のおにぎりなんですが、なんとこれがとっても美味しかったのです。

 昆布と梅干しでほんのりと味がついているご飯だからでしょうか。

 後から塩を入れ込むのとは違って、

味がご飯になじんでいる感じが何とも言えません。

 欲をいえば、紅鮭のほぐし身を使えば、

もっと「かげろい」に近づいたような’気がします。

 

f:id:yporcini:20170112153713j:plain f:id:yporcini:20170216140035j:plain f:id:yporcini:20170216142455j:plain

 参考までに、小松菜は、ゆでて水にさらした後、ハンガーにかけて干します。

 干した青紫蘇と小松菜は、手でほぐし、すり鉢ですって粉にし、それを使います。

f:id:yporcini:20170216144422j:plain

 かげろいご飯にぬか漬けのキュウリとカブ、それにしじみの味噌汁、

特に、ご馳走があるわけでもないのに心が温まるから不思議です。

 

 おまけ

f:id:yporcini:20170216125053j:plain

 夏にもらったハイビスカスです。

 植木鉢をひっくり返してしまったり、ずいぶん冷たい扱いをされたのに、

気温が低くなって部屋に入れて置いたら、かぎろい色のつぼみをつけました。

 

 

 

中華街春節元宵節

私の横浜街案内

 中華街媽祖廟

f:id:yporcini:20170211174051j:plain

 母の健康状態が良くなくて、気が抜けない状態が続いていましたが、

少々落ち着いてきたので、11日の夕方春節の最終日に中華街へ行ってきました。

 春節初日の獅子がホンパオ(ご祝儀)をもらうのは見たことがありますが

春節の最後を飾る元宵節(げんしょうせつ)は初めてです。

f:id:yporcini:20170211182614j:plain

 媽祖廟では、願い事を書いたランタンに灯をともし、願い事が叶うよう

獅子舞や舞を奉納するのです。

 

f:id:yporcini:20170211175924j:plain f:id:yporcini:20170211175214j:plain

 五時半から始まるということでしたが、行った時には人があふれていて

車道にもはみ出ていました。

 まず、獅子舞が始まります。

 パパパパパパーン パパパパパパーン

爆竹が鳴らされ、白い煙で充満した媽祖廟は、いやがうえにも高揚して参りますが、

背の低い私には、肝心の獅子たちが見えないので、

まわりに上がるスマホの画面に写る獅子を時折垣間見ることしかできませんでした。

 

f:id:yporcini:20170211183740j:plain f:id:yporcini:20170211185435j:plain

 両脇の並木の赤い電飾、各お店が春節のために飾っている提灯や飾り物も

今日で終わりなのかと思うと祭りの後の一抹の寂しさを感じます。

f:id:yporcini:20170211190714j:plain

 お腹もすいたので、同發のイートインで「もち米ご飯の蓮の葉包み」を食べました。

 中には、肉やシイタケや野菜などが入っていて美味しく食べました。

f:id:yporcini:20170212102050j:plain

 中国や台湾では 元宵節に「黒胡麻湯圓(くろごまたんえん)」を食べるそうで

萬珍楼で冷凍にしてある団子を買って帰りました。

 沸騰した湯に団子を入れて浮いたきたものを私は紅茶に入れて

干し柿を切ったものをトッピングして食べました。

 茹った団子の黒ごま餡が出てきてちょっと汚らしく見えますが

とても美味しい団子です。

 

 春節は中国からかなりの旅行客が来ていると聞いてはいましたが、

この日、媽祖廟にはたくさんの外国の言葉が行き交っておりました。

 私も久しぶりの外出で気が晴れました。

 

 帰り道、満月が澄んだ夜空に美しく浮かんでおりました。

 きっと満月と元宵節は関係があるのだろうと思って調べたところ、

 春節は、月を基にした暦を使っているので、

元宵節は、旧正月になって初めての満月の日に設定されていることを知りました。

 

 

 

節分

植物

節分草

f:id:yporcini:20170202142949j:plain

 2月3日、節分。

 ようやく入院していた母が退院して、

私のめまい症もどうやら治まりました。

 冬と春の季節を分ける節分が我が家にもやってきました。

 

 退院した帰りに子ども植物園に寄ってみたら

枯れ葉の中にセツブンソウが咲いていました。

 なんとタイムリーな花なんでしょう。

 花(本当はがく片)の色は、白くてシンプルなのに、

真ん中に集まったおしべとめしべの色合いの素敵なこと。

 福寿草                雪割草

f:id:yporcini:20170202142822j:plain  f:id:yporcini:20170202142532j:plain

 近くに咲いていたフクジュソウユキワリソウ

 

 本来は、3つとも厳しい冬を雪の下で耐え、太陽の光を感じて、

地面を割って出てくる力強さを持った植物です。

 やっぱり2月は、空気は冷たくても光は春なんですね。

 体調が悪いと、こうした野草の力強さにあやかりたいと切に思います。

 

 ところで、めまい症の件ですが、3日の朝、突如治まりました。

 前日の朝、耳鼻科の予約があったので、時間に遅れそうなこともあり

ここで走ってみようかと坂を駆け下りてみたのです。

 

 診察でだいぶ良くなっているとは言われましたが、

この朝はまだ起きる時に目の前が90度くらい回転していましたので

また同じ薬が処方され、様子をみましょうということになりました。

 一体いつ治るのか見通しが立たないのは嫌なものです。

 

 ところが3日の朝は、母の退院の準備もあるので

いつもより早く起きたのにも関わらず、アッと思ったら、めまいがしなかったのです。

 心当たりは、前日の坂の駆け下りのみ。

 やっぱり医者が言った通りだったのかもしれないと思いました。

 

 今頃、耳石は、三半規管のリンパ液からジャンプしたのか、泳いでいったのか

元の居場所に戻って、安堵感に浸ってすやすやと眠っているのやもしれません。

 一件落着。

 いや母も退院したので、2件落着です。

大船散策

私の神奈川案内

 先週の木曜の朝、母が救急車で搬送されました。

 午後さらに別の病院に搬送され、結局大船にある病院に入院したのです。

 自分が目が回っているのに構っていられず、毎日大船通いが続いています。

 母の容体も落ち着いたので、今日は大船を散歩をしました。

f:id:yporcini:20170129115205j:plain

 鎌倉へ行くときも必ず大船を通るのですが、下車することはなかなかありません。

 今日は、西口へ出ました。

 目の前に大きな大船観音が青い空をバックにそびえたって見えます。

 ようく見ると、頭の上部にも小さな観音様がいらっしゃることが

今日初めてわかりました。

f:id:yporcini:20170129124202j:plain

 柏尾川沿いの幹線道路から1本入った道を西の方へ歩いて行くと、

お目当ての「大船軒」が右に見えます。

 今日は、ここで出来立ての鯵の押しずしを食べるつもりでやってきました。

 昨日通った時には、お客さんがいっぱいで入れず、今日は、早めに訪れました。

 東海道線で、小田原辺りまで旅をされた方の中には

駅弁で鯵の押しずしを売っているのを目にしたことがあるかと思います。

 母がまだ元気なころ、鎌倉の父の墓参りに行くときに

鎌倉の駅でこの駅弁の鯵の押しずしを買って、お墓で食べたことが思い出されます。

f:id:yporcini:20170128123417j:plain

 その大船軒の工場がある隣に、「茶のみ処」があります。

 今はやりのことばでいえば、カフェです。

 昭和6年に建造された社屋内にあるので、昭和初期の香りが漂う空間です。

f:id:yporcini:20170129120224j:plain

 今日は、12時になる前に着いたので、お客さんが少なかったので、

中の写真を撮ることができました。

 どっしりとした木のカウンターもその頃からあるもののようですが、

右上にある神棚に歴史を感じました。

 そもそも創業者は、この地に鉄道が引かれ駅ができた時に、まず旅館を作り

大正2年には大船駅で「鯵の押寿し」を販売するようになったそうです。

 何か事業を始める人は、先見の明があるのだなと、ただただ感心します。

f:id:yporcini:20170129122740j:plain

 その頃から、作られていた「伝承鯵の押寿し」です。

 この「伝承鯵の押寿し」は、小さな鯵1匹をちゃんと使った寿司になっています。

 普通の鯵の押寿しは、鯵の切り身がのっているようで値段も少し違います。

 ここの売りは、隣の工場で出来立てのが食べられるということで、

できると隣から運ばれたものが出されます。

 1人前5貫で800円、私にはちょっと足りませんが美味しくいただきました。

 そこそこお腹を満たして、

次の目的地は、「大船フラワーセンター」。

 f:id:yporcini:20170129134828j:plain  f:id:yporcini:20170129134901j:plain

 あたりにいい香りを振りまいているのは、「ロウバイ」。

 ちょっと見、蝋細工のように見えるのでそんな名前がついたのでしょうか。

 すごく甘くていい香りです。

f:id:yporcini:20170129140138j:plain

 このフラワーセンターには、大きな熱帯温室があります。

 今日見た中では、この「ヒスイカズラ」が印象に残りました。

 自然の花の中には、こんな色の花というのはめったにないので驚きました。

 

 展示場では、今日が最終日のパンジーとビオラの展示がありました。

 皆さんから、アンケートを取り気に入ったのを3つ書くことになっていました。

 

 27日現在で1番人気は、「マイファニープリンセス」

 プリンセスのドレスのようにフリルがあって、

色合いも淡いピンク、紫、ブルーなので

そんな感じが女性に人気なのかなと思いました。

f:id:yporcini:20170129131809j:plain

 2位は、「あかね色のメイ」

 長い耳のうさぎさんのイメージですが、名前がいいなと思いました。

 「メイちゃん」と声をかけたくなります。

f:id:yporcini:20170129131153j:plain

 3位は、「ベニ色ぴょんぴょん」

 メイちゃんと色合いは似ていますが、花の大きさがずいぶん小さくて

たくさんの花がぴょんぴょんと飛び出ています。

 小さくても香りがよく存在感がありました。

f:id:yporcini:20170129131244j:plain

 このほかで私が気に入ったのは、

f:id:yporcini:20170129130914j:plain

 ブラックディライトという名前です。

 名前の通り、真っ黒で、花芯だけゴールド。

 ぐっと心をつかまれました。

 

 第2展示場は、スイートピーの展示です。

 神奈川県はスイートピーの栽培が盛んなので、これだけの品種を集めての展示は

珍しいとの触れ込みでした。

 たくさんあるうちのほんの一部のスプラッシュシリーズの紹介です。

f:id:yporcini:20170129133307j:plain f:id:yporcini:20170129133317j:plain f:id:yporcini:20170129133330j:plain

 今日いただいたスイートピーの豆知識より

 日本のスイートピーは、1860年に日本に伝わり、

1910年ごろから栽培が始まったそうです。

 本格的な切り花の栽培は、神奈川県から始まったということで、

県の農業技術センターでは、品種育成がされてきています。

 今までに10品種を発表してきたそうです。

 スプラッシュシリーズといわれるものは、売り出し中のニューフェイス

 温室切り花栽培は、日本が世界で最も多く、品質もよく

アメリカにも輸出しているそうです。

 花言葉は、門出、繊細、優しい思い出。

 卒業式シーズンにぴったりの花ですね。

f:id:yporcini:20170129141048j:plain

 出入り口の寒牡丹に見送られて今日の見学を終わりました。

 

 めまいは、朝起きる時がひどくて、気持ちが悪いとなかなか起きられず

ぐずぐずとしているので、ちゃんと起きるまでに1時間以上かかります。

 階段、乗り物の乗り降り、座った姿勢から立つなど姿勢を変えることを

慎重にすれば、出かけることも可能です。

 車だけはこわいので乗ることができないでいます。

とろとろ茶わん蒸し

大寒

今が一番寒い時期ですね。

f:id:yporcini:20170117121339j:plain

 霜柱が立ったのは、横浜ではなく先週の火曜日に行った八王子です。

 こちらとは、最低気温が5,6度低い土地柄、お昼ごろになっても日陰には

8cmくらいの霜柱が立っていました。

 久しぶりに見る霜柱に思わずシャッターを切りました。

さすがに寒に入り、横浜でも最低気温がマイナスになる日が出てきました。

 

 私の個人的なことですが、

 日曜日から、起きる時にめまいなどという珍しい症状にあたふたしておりました。

 月曜日に耳鼻科で診断してもらったところ、

「良性突発性頭位めまい症」という診断が付きました。

 思っていた通りで、脳外科にお世話になるような病気ではなかったのですが、

三半規管のリンパ液に耳石のかけらが落ちて平衡感覚に異常が起きているのです。

 一日目にあまりに気持ちが悪く動くことに恐怖感があって、

昨日まではゴロゴロしていたのですが、

首を動かさないと耳石が落ち着くところに戻っていかないそうで、

今日から日常通りに動くことにしました。

 

 まずは、体が温まる料理をこしらえることにしました。

 冷蔵庫にユリ根と銀杏を貯蔵してあったので、

みをつくし料理帖の第一巻目、「八朔の雪」に出てきた

「とろとろ茶わん蒸し」を作ることにしました。

f:id:yporcini:20170124220324j:plain

 ユリ根です。

 ユリ根は、料理帖では、澪さんと大坂から出てきた天満一兆庵の女将さんの「芳」が

咳がいつまでも続き、体調が悪かった時に、漢方医の源斉は、

芳にユリ根を食べさせるように話していたのを聞いて、

いつか食べようと思っていた食材です。

 食べたことはあるのですが、自分で買って料理するのは初めてです。

f:id:yporcini:20170125073118j:plain

 鱗茎を一枚一枚外して、1分ほど下茹でしておきます。

 つまみ食いをしましたが、ほんのり甘く、ホクホクした食感で

これは、茶わん蒸しにはぴったりの食材だと思いました。

 

 ついでに、銀杏の方は、紙封筒に入れて電子レンジで40秒ほどで殻がはじけて

中身が取り出せます。

 ただすごい音がするので、できればあらかじめ傷を入れてから

封筒に入れるといいのかもしれません。

 

f:id:yporcini:20170125085310j:plain

 中身は、ユリ根と銀杏とブラックタイガーです。

 エビは、お酒をまぶしておいておきます。

 いろいろ入れれば、いいのでしょうが、私はみをつくしのレシピに沿って

それだけにしました。

 昆布と鰹節で出汁を取り、玉子を加えて茶わん蒸液をつくり上にかけました。

f:id:yporcini:20170125092638j:plain

 蒸し器に入れて、12分、柚子の皮を入れて2分。

 出来上がりです。

 ちゃんとふきんで液を濾すように指示がありましたが、何せ自分用でしたので

そのままやったので、ぷつぷつと泡が立っていて、

決してとろとろという雰囲気ではありません。

 それでも、蒸したての茶わん蒸しはそれだけで体が温まる料理です。

 

 お話の中では、「つる家」で評判になったのを知って、

「登龍楼」という料理屋が茶わん蒸しの名前を変えて売り出したという

いわくつきの茶碗蒸しだったのです。

 これが妨害された料理の第一弾でした。

 

 江戸の頃は、今から思うともっと寒かっただろうと思うのですが、

職人たちが「つる家」の暖簾をくぐって、この湯気の上がる茶わん蒸しを手に取り、

冷たい手を温め体を温め、心までも温めていくその様を思い浮かべ自分もまた

暖かい気持ちになったものです。

 

 今では、この茶わん蒸しは普通の作り方ですからごく普通の茶わん蒸しなんですが、

江戸の頃は、茶わん蒸しという料理がそもそもなかったのか、

それとも卵とじのような出汁を加えない固い感じのものしかなかったのか、

とろとろとわざわざ名前の前に付けたのがなぜだったのかが私には未だになぞです。

 

 ユリ根は、咳止め、滋養強壮、利尿、鎮静の効果があり、結核菌の薬として使われ、

今では、癌を抑える作用もあるくらい免疫機能に優れているそうです。

 銀杏は、腎臓にたまりやすい老廃物の排泄を促し、膀胱や肺を温める働きがあり、

喘息の治療、咳止め、便秘の改善にも効果があるそうです。

 ただ、銀杏は、大人でも一日十個までにしておかないと良くないという話でした。

 

 風邪には、縁がないのに、老化なんでしょうか。

 私は、しばらくは、このめまいと闘わなくてはなりません。

ホシハジロ日記 15

12月14日

f:id:yporcini:20161204142545j:plain  f:id:yporcini:20161204141211j:plain

 

f:id:yporcini:20161204143525j:plain f:id:yporcini:20161204144657j:plain

 12月に入っても気温が高めで、まだイチョウの黄色い葉もきれいでした。

 イチョウの木に来ていたのは、ムクドリです。

 

 いつものカワセミもすっかり縄張りを確保したみたいで、昨年はメスと変わり

今年は、子どもだと思っていたオスが確保したようです。

 

 ホシくんを探し回っていつもと反対の西の方向へ行くと、観音橋のすぐそばに

黒いオオバンがやってきていました。

 

 

 その向こうには、気持ちよさそうにカラスが激しく水しぶきを上げていました。

 お風呂に入る時間が短いと、「烏の行水」といわれていましたが、

カラスは、やっぱり水浴びをするんだなと感心しながらみていました。

 去年もオオバンはホシくんたちと一緒でしたので、上流部を探してみましたが、

 ホシくんは・・・・

 

 12月13日

f:id:yporcini:20161213114317j:plain f:id:yporcini:20161213113214j:plain

 少し寒くなってので、そろそろまた渡り鳥が集まってきているだろうと思いながら

大岡川へやってきました。

 予想通り白いユリカモメが浅瀬に集まってきています。

 

f:id:yporcini:20161213115301j:plain f:id:yporcini:20161213115318j:plain

 4日の日のカラスの行水に続き、

この日は、カルガモが次から次へと水浴びに興じていました。

f:id:yporcini:20161213115417j:plain

 行くたびに現れるカワセミ

 オスは、メスに比べると、後ろ羽のエメラルドグリーンも

胸のオレンジ色もかなり鮮やかです。

 ギャラリーのおじ様たちを意識してか、桜の木に止まったかと思うと

次は、対岸の杭の上。

 ギャラリーをぞろぞろと移動させては、喜んでいるのかと思ってしまいます。

 

 この日もホシくんは・・・・

 

12月29日

 f:id:yporcini:20161229112250j:plain

 ホシくんが、よくいた浅瀬。

 引き潮の時は、ここでじっと座って寝ていたところです。

 時には、アオサギさんと微妙な距離を隔てて、一緒に毛づくろいしていたことも

思い出されます。

 もうその姿は、見られません。

 いるのは、数羽のスズメたちばかりです。

f:id:yporcini:20161229112038j:plain

 その手前にある浅瀬。

 ホシくんは、カワウやカルガモや 時にはドバトやカメさんとも

 泳いではこのゴロゴロした石の上で休んでいました。

 この日いたのは、ユリカモメだけ。

f:id:yporcini:20161229114035j:plain

 護岸のところに飛び出た土管の写真です。

 満ち潮になって、上流の浅瀬に水が浸かってしまった時に

避難先として利用していた場所です。

 浅瀬に水が浸かり出すと、ホシくんは慌てて流れに逆らってすごいスピードで

下流のこの土管に到着したものです。

 土管は、カメさんもよく利用していたので、時にはカメとの争奪戦もありました。

 排泄物の白い色も薄れて跡が見られなくなりました。

 

 過去の写真から

f:id:yporcini:20160313171648j:plain

 この写真の姿を見ると、「あっ、ホシくん!」と声をかけそうになりますが、

去年の3月13日のホシくんです。

 4羽くらいいたホシハジロもほかの冬鳥も帰ってしまったのに

いつまでも残っているので、おかしいなと思って翼をよく見たら

左の翼に異変があることに気がついた最初の日です。

 

 ほかの鳥たちに比べて遅くまでいたホシハジロたちは、

この飛べないホシくんを気遣っていたのかもしれません。

「ぼくは左の羽が折れていて一緒に飛んで帰れないから、ぼくに構わずもう帰って!」

 そんな言葉が川の水深くに沈み込んでいるに違いありません。

 今でも、川の水を掬い取ると、小さな泡になったその言葉が

プツプツと聞こえそうな気がします。

 

 3月のホシくんの体は、黒いところは黒く、白いところは白くきれいだったのです。

f:id:yporcini:20160819134804j:plain

 8月19日のホシくんの姿です。

 夏場は、ホシくんも暑くて大変だったのでしょう。

 黒い胸も、茶色の首も、白い脇も何となく薄汚れた感じだがしました。

 羽が生え変わるのかと期待していたのですが、このまま時間は過ぎていきました。

f:id:yporcini:20161025112406j:plain

 10月25日

 私がホシくんの姿を見ることができた最後の日です。

 このあとずっと通いました。

 上流の観音橋の次の花見橋の方にも、よくいた弘岡橋、大井橋から下流の

鶴巻橋、井土ヶ谷橋まで探しましたが、見つけることはできませんでした。

 2か月たっても姿を見つけられないということは、

もう、この川にはいないのだろうと判断するに至りました。

 3年も住み続けていたと聞いたので、

たぶん寿命を全うして天に召されたのだろうと考えたいです。

 

 ホシくんのお蔭で、私は、渡り鳥の営みについて知ることができましたし、 

何より自然界の生き物の命というものを今まで以上に深く考えるようになりました。

 

 ホシくんに関心を寄せてくれた読者の方にまだまだ元気なところを

お知らせしたいと思っていましたが、もうそれも叶わないと覚悟を決め、

今回で、ホシハジロ日記は終了にしたいと思います。

 

 これまで愛情こもったコメントをたくさんちょうだいしたみなさんに

ホシくんに変わって心よりお礼申し上げます。

七草がゆ

 この日は、横浜と明大前と2つのお墓参りに出かけた。

f:id:yporcini:20170107142417j:plain

 横浜の墓地まで歩く道々、もうかなり花が開いた白梅を見ることができた。

 やっぱり南向きの斜面は、陽が燦燦と注ぐので、平地より早い。

 メジロは目ざとい。梅の花の蜜をみつけたようだ。

 

 明大前のお墓参りを済ませてから久しぶりに渋谷へ出てみた。

 東横線が地下へもぐってから渋谷は、

地下を歩いているだけでは地上がどうなっているのかちんぷんかんぷんだった。

 この日は、できてからもう数年経った「ヒカリエ」へ行ってみた。

 昔、五島プラネタリウムというのがあった場所に立ったビルだ。

 ちょうど、このビルの8階は、フロアー全体がギャラリーのようになっていて

この日は、47都道府県を代表したアクセサリーの展示を覗きに行ってみた。

 

 

f:id:yporcini:20170107183418j:plain

 お腹もすいていたので、同じフロアーにあるd47という食堂で食べることにした。

 ここは、47都道府県のうち7つくらいを選んで

順繰り定食メニューにして出している。

 テーブル席もあるのだが、こういうカウンター形式になったところで、

景色を見ながら食べることができる。

 一人ものにはありがたい。

f:id:yporcini:20170107184345j:plain

 この日は、愛知県の味噌カツ定食を選んだ。

 注文した時に、

「今日は、七草なので、普通のご飯を今日だけ七草がゆに変えることができますが、どうしますか。」

と、聞かれた。

 「ああ今日は、七草でしたね。おねがいします。」

と答えた。

 

 七草がゆ 味噌カツ みそ汁 漬物 生煎餅(ういろうの原型)が並んだ。

 思いがけず、七草がゆにありつけて、今年も風邪を引かずに済みそうである。

f:id:yporcini:20170107182857j:plain

 久しぶりに見る都会の夜景。

 桜ヶ丘方面、昔昔、この坂を上ってピアノのレッスンに通ったことを思い出した。

  首都高は、車のヘッドライトがずっと続いて途切れがない。

 f:id:yporcini:20170107191104j:plain

 食堂を出る時になって、暖簾のそばに七草が置いてあるのを見つけた。