読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「クロワッサンで朝食を」

f:id:yporcini:20130930173840j:plain

 

 この映画は、エストニアのイルマル・ラーグという新鋭の監督の作品。

 監督のお母さんの実話を基にした映画だそうだ。

 私も、ヨーロッパ旅行の一番初めは、パリだったが、なぜか女性はこのパリに憧れを持つようだ。

 颯爽とパリの街を歩くアンヌは、祖国はエストニアであるが、若い頃パリに憧れ、大学でフランス語を学んだことがあった。

 そのアンヌ、結婚、離婚、子育てと母の看病、そして母を看取り、人生半ばにして虚脱状態でいるときに、パリでの家政婦の職を斡旋され、思い切ってパリへ旅立つ。

 パリの金持ちの老婦人フリーダ役は、85歳となるジャンヌ・モロー

 雇い主は、ステファンというカフェを経営する男性。

 実は、フリーダもステファンもエストニアからフランスへやってきたのだ。この辺もこの話に深みを与えている。

 フリーダは、自分では何もしないので、心配して家政婦をつけるのだが、フリーダは、自分が頼んだのでもないのに家政婦が来ることを素直に認めない。

 それで、家政婦のアンヌに対しても何とか追い返そうとして難癖をつける。

 アンヌとフリーダの掛け合いは、実話が元になっているせいか、いやにリアルである。

 ジャンヌ・モローエストニアの女優ライネ・マギの共演と、もう一つは、アンヌが夜な夜な歩くパリの街。観光で訪れただけでは見られないパリが見られる。

 この映画、お客さんがたくさん入っているので驚いた。

 10月25日までJack&Bettyで上映予定。