読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

近頃観た映画

映画

 ある過去の行方 (The Past)

f:id:yporcini:20140609222026j:plain

 4年間別居していた夫アーマドが妻マリー=アンヌの求めに応じ

イランからパリへ離婚の手続きのためにやってくる。

 元のうちへ帰ってくると、そこには、もう新しい家族が住んでいることを知る。

 裁判所での離婚手続きはスムーズに終わるのだが、

アーマドは、長女が、この新しい家族にうまくなじめていないことを知り、

マリー=アンヌに頼まれ、何とか説得しようと試みるのだが、

話を聞いていくうちに思いもよらない事実が出てくる。

 アーマドとマリー=アンヌの間に、

新しい恋人とその妻との間に、

元妻と新しい恋人の間に、

そして親に振り回される子どもの中に、

それぞれが持つ過去を抉り出しながら、

心の深いところにあるものを

次々と映し出していく。

 何が真実なのか、

ドキドキするようなサスペンス風に仕上げている映画である。

 ラストシーンは印象的。

 マリー=アンヌを演じたべレニス ベジョは、カンヌ映画祭で主演女優賞を受賞。

 監督は、”別離”でアカデミー賞外国語映画賞を取った

”A ファルハディ”が、初めて外国にカメラを据えて撮った映画。

 (*この映画は、6月20日までシネマJack & Betty で上映中)

 チョコレートドーナッツ

f:id:yporcini:20140609222143j:plain

 1970年代のアメリカであった実話を基にしてして作られた作品である。

 1979年、カルフォルニアが舞台。

 まだまだ同性愛について、偏見が今よりももっと強い時代だった。

 シンガーを夢見ながらもショーダンサーで生活を立てる ルディ。

 ゲイであることを隠して生きる弁護士 ポール。

 母の愛情を受けずに育ったダウン症の少年 マルコ。

 この3人が寄り添って、家族として幸せに暮らしていくのだが、

ルディとポールがゲイであるために

法と社会の偏見によって

3人の生活は、壊されていく。

 マルコを必死で守ろうと奮闘するルディとポールの姿に心動かされる。

 この作品は、アメリカをはじめ10か所の映画祭で賞を取っているが、

その賞のほとんどが観客賞だということからも

多くの観客に支持された映画だといえる。

 マルコが好きだったものは、

人形のアシュリー、ディスコダンス、ハッピーエンドのおとぎ話、

そしてチョコレートドーナッツ、だった。

 (*この映画は、Jack&Bettyでは終了している。)