読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

イチゴ狩り

私の神奈川案内

 前々から一度、イチゴ狩りというのをやってみたいと思っていたのだが、

その念願かなって今日は、秦野のイチゴ園に行ってきた。

f:id:yporcini:20140201094854j:plain

 イチゴ園は、温室なので、写真を撮ろうとしたら

すぐにレンズが曇ってしまった。

 ここのイチゴ園には、「おいCベリー」、「あきひめ」 「さちのか」 「桃薫」の4種類のいちごが栽培されていた。

 私は、いちごが大好き。

 いろんな品種のいちごを鼻で、舌で味わうのが楽しみ。

f:id:yporcini:20140201095033j:plain

 朝の10時、一番早いグループ。

 まだだれも取っていないので、選り取り見取り。

 重そうな赤いいちごが 垂れ下がっている。

 期待は高まる一方だった。

 ところが、食べてみると、

色艶はいいのに 香りがたっていない。

 選ぶときは、赤いだけでなく、

へたが反り返っているのがいいのだが、

きちんと反り返っているのが少ない。

 結局、写真の程度のへたのものを選ぶことになる。

 特に、このイチゴ園を選んだのは、

まだ食べたことがない 「桃薫(とうくん)」 という名のいちごが食べたかったからだ。

 この「桃薫」は、桃の香り、ココナッツの香りがほのかにする 

という説明を見ていたので、期待は風船のように膨らんでいたのだが、

すると思えばする といった程度で、

これもまだいちごの性格を形作るところまでいっていない。

 たくさんのお客さんがやってくるので、

赤いだけで 完熟になる前に摘み取られてしまうせいなのか 

いちごの摘み取りで 香り立ついちごを

食べようとするのは難しいのかな

というのが 感想である。残念!!

 大きく膨らんだ風船は、あっけなくしぼんでしまった。

 物事、あまり期待過ぎないほうが 幸せになれるのかもしれない。