読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

イチゴ大福

f:id:yporcini:20150303121040j:plain

 今日は、ひな祭りです。

 もう40年も前のことですが、

手作りの千代紙で作ったお雛様をいただきました。

 ここに並べたのは、お内裏様とお雛様だけですが、

同じ千代紙でできた三人官女と五人囃子もあります。

 40年ものですから、紙の角が毛羽立ってきています。

 千代紙で作ったたとう紙を真ん中から開くときは、

今でも何とも言えない気持ちになります。

 うちの子どもは男の子でしたから

ずっとお雛様を飾る習慣はありませんでした。

 それでもこの季節になると、

紫と黄緑のたとう紙を開いてお雛様を出してきます。

 はるかかなたの子どもの頃の記憶がそうさせるのかもしれません。

 今日は、八王子へ出かける日でした。

 この季節になると、豚もおだてりゃ木に登るということで

お仲間からリクエストのあるイチゴ大福、

 今年初めて作って持って行きました。

 白玉粉と砂糖を水で溶いて、

電子レンジに入れて作る簡単なものなのですが、

 電子レンジへ入れる時間と、練り具合で餅の硬さが変わるので、

毎年初めは勘が働かず、出来があまりよくありません

 今日も、お餅がやわらかすぎて餡とイチゴを包む時に手こずりました。

 まあそれでも細かいことを言わず、

みなさん美味しいと言って食べてくれました。

 どこのどなたがイチゴ大福を考案したのかわかりませんが、

イチゴの酸味と餡の甘さの融合を考えた人はすごいと

今日も話題になりました。

 イチゴは、生のまま食べる時は、香り立つ品種がいいのですが、

大福にするときは、酸味が強い「とちおとめ」が

ベストだと思っています。

 頭がポッと赤くするところがポイントです。