読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ホシハジロ日記 その8

 8月9日、いつものようにスポーツセンターの帰りに川をのぞくと

f:id:yporcini:20160809111813j:plain

 タオルで汗をふきふき歩く私をしり目に、

カルガモくんがすいすいと気持ちよさげに水泳中です。

f:id:yporcini:20160809111825j:plain

 ひい、ふう、みい、よう、いつ、5羽いました。

 カルガモくんは、縄張りとやらはなくって、いつでも自由にこの渡り石を越え、

観音橋の向こうへも出向きます。

f:id:yporcini:20160809112121j:plain f:id:yporcini:20160809112131j:plain f:id:yporcini:20160809112329j:plain

 川っペリに下りてみました。

 いつもはウナギ釣りに情熱を燃やす男性が、今日は釣糸を垂らしていないので

ハクセキレイがお散歩中です。

 小股で素早く歩く姿に特徴があるので、

尾を上げ下げしながらツツツツーと歩く鳥は、セキレイだとすぐにわかります。

f:id:yporcini:20160809112856j:plain

 今日は、満潮から少し時間が経った潮加減。

 ホシくんは、予想通りいつもの弘岡橋の先にある浅瀬の定位置にいました。

 今日のお供は、久しぶりのカワウくんです。

f:id:yporcini:20160809113001j:plain f:id:yporcini:20160809113021j:plain

 カワウくんも何となく冬羽より、首の辺りが白っぽいなあ。

f:id:yporcini:20160809113345j:plain

 カワウくんは、水に入ったと思ったら、

得意の潜水で一気に潜ってどこかへ行ってしまいました。

f:id:yporcini:20160809113424j:plain

 待ってえ、ホシくんもカワウくんを追いかけて水に入ったものの、

カワウくんの潜水には付いていけません。

f:id:yporcini:20160809113445j:plain

 僕を見て!

 片羽だって羽ばたけるんだぞ。ちょっと迫力に欠けるけどね。

 

f:id:yporcini:20160809113455j:plain  f:id:yporcini:20160809113534j:plain

 カワウく~ん、どこにいるの~

 あっちを見ても、こっちを見ても見つけられません。

f:id:yporcini:20160809113752j:plain

 ホシく~ん、代わりにやってきたのは、カメの大吉君です。

f:id:yporcini:20160809114942j:plain

 あれあれ、カメの中吉君もやってきました。

 せっかく追いついたのに、ホシくんは、知らんぷり。

f:id:yporcini:20160809114951j:plain

 待ってよ、待ってよ~。

 ホシくんは、カメくんより泳ぎが達者なのをいいことに

カメくんの横をすり抜けて、ちっとも待ってはくれません。

f:id:yporcini:20160809114959j:plain

 カメの大吉君、中吉君小さな足を4本動かして一生懸命です。

 もう一息だよ、がんばれ~

f:id:yporcini:20160809115515j:plain

 冷たいなあ、ホシくん。

 カメ君たちを置き去りにして、一人弘岡橋の方へ立ち去っていきました。

 ホシくんは、カメ君たちと、浅瀬に一緒にいる時間が長いはずなのに

親しみが湧かないみたいなのが不思議です。

 片思いって、なんだか切ないですね。