読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

小江戸 川越へ

県外遠足

f:id:yporcini:20150522111405j:plain

 22日に学生の時のクラス女子6人で、川越まで行ってきました。

 川越は、横浜からだと湘南新宿ラインか、東横線副都心線)を使うと

電車に乗る時間は、1時間半ほどで行けることが分かりました。

 まず駅前から小江戸名所めぐりバスに乗り、「喜多院」まで行ってみました。

 「喜多院」というのは、創建は奈良時代にさかのぼるといわれ

天台宗関東総本山の寺だそうです。

 正月三日には、だるま市も開かれ、

地域の人からお大師さまと親しまれているお寺です。

 江戸時代には、徳川家からの厚い庇護を受け、

江戸城から 「家光誕生の間」と「春日局化粧の間」が移築されています。

 上の写真は、「春日局の化粧の間」から見える遠州ゆかりの枯山水の庭です。

 京都の庭などに比べると繊細さにかけますが、

川越らしい素朴な’感じがします。

 バスの時間の都合で見ることができませんでしたが、

山門を入った右側に五百羅漢さんが鎮座しています。

f:id:yporcini:20150522122026j:plain

 バスに乗り、博物館前で下車し、

川越城本丸御殿の見学をするつもりでいましたが

月曜日の定休日のほかに第四金曜日も定休だと知らず、

博物館も本丸御殿も見られませんでした。

 川越城は、太田道真、道灌父子により築城され、

江戸の北の守りとして重要な働きをしたそうです。

 今は、目立つ建造物は残っておらず、本丸御殿と中の門堀跡だけが見学できます。

 ふと、通りの反対側を見ると、

大きなうさぎの人形が飾られています。

のれんに「道灌」と書かれた和菓子屋さんでした。

 下見をしてくれた人が、

「ほかのところと離れているので、もしお土産をここで買いたかったら、

今買った方がいいよ。」

というので、通りを渡って覗きに行きました。

 うさぎ饅頭があるのかなと思ったら、

「道灌まんじゅう」 「芋丁稚羊羹」 「芋羊羹」 「醤油羊羹」

など、川越らしいサツマイモを使ったお菓子が並んでいます。

 美味しそうなので、丁稚羊羹と芋羊羹をお土産に買い

本丸御殿を見学し損ねた記念に、

道灌まんじゅうを一つ買ってそこで食べました。

 店の人に聞くと、

うさぎは、市が店先に飾ってほしいと要請したようで

和菓子屋さんと直接関係がないことが分かりました。

 人寄せパンダならぬ、人寄せうさぎでした。

 ここの竹の皮に包まれた芋蒸し羊羹(丁稚羊羹)は、

余計なものが入らずとても美味しかったので、

結果、人寄せうさぎには感謝しています。

f:id:yporcini:20150522123458j:plain

 そうこうしているうちに、ランチの予約時間になったしまったので

大通りから路地を入ると、レトロな映画館に遭遇しました。

 映画のセットかなと思わせる映画館で

懐かしい気持ちになりました。

 川越の駅の方には、新しいシネコンがあるのでしょうが、

この辺りは、駅からちょっと離れているので、

こんな映画館がまだ息づいているのでしょう。

f:id:yporcini:20150522145506j:plain

 ランチを食べた「初音やガーデン」の玄関です。

 (不覚にも、ガラス張りであることを意識していなかったため、

ぼうっと映り込んでしまった亡霊がおりますが、無視してください。)

 ここは、江戸の末期にできた老舗料亭「初音屋」だったそうですが、

新しい時代に合わせ、3年前にリノベーションしたそうです。

f:id:yporcini:20150522143611j:plain

 ここは、和室3室分、約100畳の大広間に絨毯をひき、

ダイニングレストランにしたところだそうで、

部屋の両側に和風の庭がのぞけるようになっています。

 ガラスの戸や障子などをちゃんと残し、

和洋をうまく融合させた素敵な空間でした。

 食事は、カジュアルフレンチでしたが、写真は省略。

 

f:id:yporcini:20150522145012j:plain

 ひとしきりしゃべった後、

ほかの部屋も見たいというリクエストをしていたので、

係の男性に、待合室や離れとなっている個室など

ほかのお部屋を案内してもらいました。

 これは、2階。

 主には結婚式場やパーティー会場として利用されるそうです。

 むき出しの屋根部分に太い梁を配置したり、

桟の入った窓や柱など古いものを利用したりしています。

 他方で、正面の石壁に水を流すような新しい装置も取り付け

うまくリノベーションした結婚式場になっていました。

 

f:id:yporcini:20150522145213j:plain

 窓からは、「時の鐘」が見え、

ここへ招待された人が 

(川越へ来たんだな)

と、ふと窓辺に目をやる仕草が見える気がしました。

 もう縁はなさそうですが、川越にゆかりのある人には

いい式場になりそうなところです。

 (次に続く)