読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

小さい秋見つけた~

植物 その他

 

f:id:yporcini:20150927150216j:plain

 カラスウリです。

 植物園の脇にあるやぶの中で見つけました。

 紅葉の先駆けのような朱色を見ると

秋がやってきたなあとしみじみしてしまいます。

 先週、辺り一面に芳香を放っていた金木犀は散りはて、

香りのかけらも残っていませんでした。

 

 話は変わります。

 9月30日からアトランタで始まったTPPの12か国閣僚会合は、

目下の私の大きな心配の種です。

 それぞれの国が自分の国の政治状況に合わせ、

いろいろな駆け引きがそこで行われているように見えますが、

主にアメリカのグローバル企業が経済的優位を得られるかが

問われている交渉なのだと思います。

 

 今回合意を一番望んでいるのは、アメリカ。

 2日間の予定をなんと3日も延長してまでこぎつけたいようです。

 

 今表面に出ているのは、

*バイオ医薬品の特許期間の問題(ジェネリックが使えない)

*乳製品問題

 だと言われていますが、

 諸々の交渉の内容はどうなっているのでしょうか。

 

 WTOなどの今までの交渉とちがって、

TPPは、秘密裏に行われなければならない交渉で

締結後も4年間の秘密保護義務が課されているそうです。

 

 日本は、決して自動車のメキシコ、カナダ、

乳製品のニュージーランド

医薬品のオーストラリアのように

ごねたりせず、アメリカとの交渉は

ほとんど問題なく過ぎていくようにみえます。

 

 おそらく、オバマ大統領と安倍総理大臣の間では、

もう大体の道筋がついていて、

もしもTPPが流れても、二国間交渉に持って行けるように

諸々が密約されているのではないかと勘ぐってしまいます。

 

 開けてびっくり玉手箱ならいいですが、

ものすごいひどいものががさがさと入っている気がします。

 

 私は、牛肉が関税なしで入ってくるだろう20年後には、いないだろうし、

TPPの顛末を見られないかもしれませんが、

どんな世の中になってしまうのか、見るのはとっても怖いです。