読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鎌倉紅葉再び2

私の鎌倉案内

 昨日は、風もなく雲一つない青空、びっくりするくらいいいお天気でした。

 国道一号線を走るバスの窓からも雪を被った富士山が見え、

すごくついているなと自分でもびっくりしました。

 

 駅の改札で友人に会うなり、

 「今日はいい天気でよかったねえ。」

の挨拶がみんなの口からついて出てきます。

 空気はまだ冷気を含んでいましたが、歩くうちに汗ばんでくるくらい

風がなく穏やかな小春日和です。

 

 まず、先日横目で通り過ぎた報国寺へ。

f:id:yporcini:20161202111314j:plain

 報国寺の大イチョウと鐘楼の屋根。

 (逆光でぼやけてしまっています。)

f:id:yporcini:20161202111526j:plain

 竹の寺ですから、竹林ともみじ。

 この先にはもっとすごい竹林があるのに、

みなさん、私が下見をした華頂宮邸へ行こうというので、またもや報国寺はスルー。

 報国寺さん、また拝観料を払わずにごめんなさい。

 

f:id:yporcini:20161202113707j:plain

 こちらは、華頂宮邸。

 先日と違うのは、空の色。雲が1つもありません。

 結局華頂宮邸のベランダのベンチで一休み。

 ウイークデーのせいか、スケッチをしている人が大勢いました。

 ここで11時半になっていたので、通りの向かいの浄妙寺へ向かいます。

f:id:yporcini:20161202143430j:plain

 浄妙寺の本堂の屋根の空と飛行機雲。

 空気も澄んでいるのか、山の紅葉も鮮やかに見えます。

 ここで「石窯ガーデンテラス」のランチです。

f:id:yporcini:20161202124141j:plain

 先日は、パスタランチを食べたので、今回は、ガーデンランチの方にしました。

 お魚の方を選んだので、鰆とオマールエビのソテーです。

 この鰆、脂がのっていてとっても美味しかったです。

 美味しいものを食べるといつも幸せです。

 後は、先週とほぼ同じ。

f:id:yporcini:20161202144622j:plain

 浄妙寺から駅の方へ戻りながら、杉本寺へ。

 ここ杉本寺は、鎌倉最古のお寺で、三体の十一面観音がご本尊。

 坂東三十三番観音霊場の一番札所。

 ということは、うちの近くの弘明寺観音が14番札所ですから

お仲間ということになります。

一番というのは、古いということでしょうか。

 

f:id:yporcini:20161202144730j:plain

 通りから、細い階段を上がっていくと、仁王門があり、

先はもっと階段が細くて苔むしています。

 階段を保護するためでしょうか。

 ここから先は、左の新しい階段を上ることになります。

f:id:yporcini:20161202145433j:plain

 境内には、やはり大イチョウがありました。

 報国寺華頂宮邸、浄妙寺、そして杉本寺も

黄金色に色づいたイチョウが見事です。

f:id:yporcini:20161202145254j:plain

 イチョウの木のそばの五輪塔

 苔もカビも生えてずいぶん古いもののような気がしました。

f:id:yporcini:20161202145531j:plain

 鐘と衣張山。

f:id:yporcini:20161202145547j:plain

 衣張山も錦をまとって美しいです。

 この山の由来は諸説あるようですが、夏の暑い日、源頼朝

幕府のあった大蔵から見えるこの山に

白い絹を被せ、雪に見立てて政子を喜ばせたという説が

ロマンがあって一番いいなあと思っています。

そんな長い白衣を用意できるはずもなし、権勢を誇ったお話なんでしょう。

f:id:yporcini:20161202150713j:plain

 本堂の写真を撮るのを忘れましたが、

夏みかん越しに見える茅葺の屋根が本堂です。

 傾いてきたお日様を追いかけるように、駅へと向かいました。

 これで、鎌倉散策は終わりです。