読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

秋の食材を使って その2

 今回のは、ラジオを聞いていて

おいしそうだなと思って作ってみました。

 

 私は、テレビを見ないので、ふだん用がないと

地元のFM横浜を聞き流しています。

 毎週土曜日、フューチャースケープという番組で

時折り「みらいごはん」というタイトルで料理が紹介されます。

 この二つの料理はその中で紹介されたものです。

f:id:yporcini:20150918133534j:plain

「しめしめじのしめしめじめし」

 早口言葉のようなタイトルですね。

 ちょっとふざけた名前が付くのがこの料理番組のミソです。

 要するに、昆布でしめておいたしめじを使った炊き込みご飯です。

 

 材料は、しめじと昆布、それに油揚げ

ご飯の調味料(出汁、醤油、日本酒、みりん)塩適量

 

 まず、鍋に湯を沸かしてしめじを塩ゆでします。

 ゆでたしめじの湯を切って粗熱をとったら

一晩冷蔵庫で昆布ジメします。

f:id:yporcini:20150918140440j:plain

 次に、調味料と出汁で米を炊きます。

 ご飯が炊けたら、蓋を開け、

油抜きした油揚げと昆布ジメしたしめじをのせて 

30分ほど蒸らします。

f:id:yporcini:20150918140814j:plain

 これで出来上がり。

 よく混ぜて、盛り付けます。

 

 しめじは、ぶなしめじとヒラタケと呼ばれるしめじがありますが、

この時は、香りが強いヒラタケの方を使ってみました。

 

 昆布ジメしたしめじは、それだけでおつまみになりますよ。

 

「しめじのガレット」

f:id:yporcini:20150925200256j:plain

 材料は、しめじのみ。

 ほかには、コンソメスープ、粉チーズ(パルミジャーノのすりおろしたもの)、

黒コショウ

 この時は、ブナシメジの方を使っています。

 

 まず、石突きを取り、バラしたしめじをコンソメスープで

柔らかくなるまで煮ます。

 

 スープを越して水分を取ったしめじを

フードプロセッサーでペースト状にし、形を整えます。

 

 次にフライパンに オリーブ油を引いて焼きます。

 両面焼き色をつけたら 皿に盛り付けます。

f:id:yporcini:20150925201412j:plain

 黒コショウと粉チーズをふりかけてできあがりです。

 パルミジャーノがなかったので、パルメザンで代用しました。

 

 色味が寂しいしめじですが、

 「匂いマツタケ、味シメジ」といわれているくらいですから、

しめじのみで作っているにも関わらず、

安く手に入り、とっても美味しいですよ。

 さっと出されたらまるでハンバーグです。

 

 因みに、このしめじは、一袋分で99円でした。

 コンソメスープの素を使うときには、スープを作る時の分量で十分、

入れすぎると塩分過多になります。

 一度失敗してます。

*この二つのレシピは、フューチャースケープクックパッド を検索すると出てきますので

参照してください。