読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

都市緑化フェアー横浜その3

ランチをしてから日本大通りを歩いてみました。 日本大通りというのは、海から横浜球場へ向かうまっすぐな広い通りです。 イチョウの街路樹もゆったり並び、歩道も広いので散歩をしたり 絵を描くのにもちょうどいい通りです。 今回は、イチョウの木が植わっ…

都市緑化フェアー横浜その2

一昨日の続きです。 24日の月曜日に映画を観に行くついでに街へ出てみました。 この場所は、新港中央広場と呼ばれるところで、向こうに赤レンガ倉庫が見えます。 冬は、工事中といった感じで囲いがしてありましたが、 びっくりするほど花があふれているので…

都市緑化フェア横浜その1

右指が具合が悪く、マウスを長い間使えず、パソコンも思うときにつながりません。 長い文章を書くのはとっても億劫になってきています。 そこで今日は、3月25日から始まった都市緑化フェア横浜の紹介を 写真で見てもらうことにしました。 4月11日に友だちが…

春の雨

4月8日、さくらの花がほぼ咲きそろったころでしたが、 雨が朝から降り続いていました。 大きな音をたてて降るわけでなく、ひそやかに天から落ちてくる雨です。 木の枝に到着した雨は、くるんと丸まって水玉のネックレスを作ります。 こちらは、山吹色のネッ…

さくら 桜 サクラ そして春の食。

4月6日 夜の大岡川、木曜日なのに勤め帰りの若者が桜を見上げながらそぞろ歩き。 今宵会う人みな美しき・・・ 4月7日 あいにくの曇り空でしたが、国立のギャラリーへ。 南武線谷保駅と中央線国立駅を結ぶ広い道路の両側に桜とイチョウの並木が続く。 中程の…

大岡川冬の鳥のトピックス3

毎度平和そうな大岡川。 でも、たまにはこんなドラマもある。 1月15日のことです。 ここは、去年の秋までは、 羽を痛めていたホシハジロがテリトリーにしていた浅瀬です。 カラスが2羽、カワウが2羽。 どちらも羽の色は黒だけれど、微妙に違う。 左のカワウ…

大岡川この冬のトピックス2

まだまだ繁殖期には間がありますが、 彼らも人と同じように誰かと仲良くなるチャンスをうかがっています。 2月のある日 キンクロハジロ キンクロ・オス「ねえねえ、ぼくといっしょに遊ばない?」 キンクロ・メス「ああ、あなたかあ・・うーん、どうしようか…

大岡川この冬のトピックス1

羽が折れていて北へ帰れずずっと大岡川に住んでいたホシハジロのホシくんがいなくなってからも毎週のように川っぷちを歩いています。 この冬(1月から3月)やってきたかっこいい水鳥を集めてみました。 まず、ホシハジロのオス どうしてもホシハジロを見ると…

横浜ソメイヨシノ開花

3月5日 3月18日 3月25日 いつも一番早くつぼみが膨らむのがこの桜です。 このところ横浜も冷たい風が吹いて低温傾向が続いていたのでどうかなと思って 昨日の夕方大岡川まで行ってみたらこの通りしっかりと開いていました。 写真を撮っていて気がついたので…

「タラ号」その2

タラ号が出港を待つ間、埠頭の目の前の「Marine&Walk」の中にある 「フレッドシーガル」というカジュアルウエアーのお店に寄りました。 横浜に停泊中は、アニエスべーが作成したタラ号特製グッズをこの店で 扱っているとの情報をもらっていたのでちょっと覗…

タラ号横浜出港

ここは、横浜の新港埠頭。 主に、海上保安庁の船がたくさん停泊する港ですが、 この日は、右側に停泊中のヨット「タラ号」が出港するというので、 それを見たくて出かけてきたのです。 このタラ号は、国や企業からのサポートを受けたフランスの科学探査船で…

天日で干した野菜料理 ドーンと3種

3月9日の昼ご飯 この日は、「干しリンゴと豚肉の煮もの」(左上)、 ラジオで話していた「バジル味噌汁」、それに「カブとダイコンのぬか漬け」。 醤油とみりんとキビ糖と日本酒を少しくわえて煮るだけですが、 干したリンゴは、酸味と甘みが凝縮されてたぶ…

あっ、トリ だ!(アトリ?)

団地の中のメタセコイヤの大木のそばにさしかかった時に、 シジュウカラくらいの鳥が一斉にパーッと桜の木に飛び上がって停まりました。 ざっと十数羽くらいいたと思います。 本当は、こんなところでうろうろしている場合じゃないのですが、 ドキドキワクワ…

「日本と再生 光と風のギガワット作戦」

一昨日まで、「象は忘れない」(柳 広司著)を読んでいた。 福島の原発事故が地域共同体も人と人の関係も分断していく理不尽に 何ともやりきれない気持ちになっていた。 明日は、東日本大震災、そして原発事故が起きてから6年の節目の日。 各地でセレモニー…

花だより

弘明寺さんの河津桜 2月1日 3分咲きというところ 2月14日 満開、もう葉が見えている。 2月28日 花が散り始め、葉が目立つ。 2月25日児童遊園地の梅林の梅 梅の種類によっては、散り始めたもの、今が盛りのもの、まだこれからというもの、 色もと…

「薬は誰のものか」(邦題)

この映画は、2013年にインドで製作されたドキュメンタリー映画。 こういう世の中を鋭く切り取った映画は、商業ベースに乗ることはないので 昨年の9月、版権、および翻訳、編集などの費用を生み出すために 翻訳制作プロジェクトが立ち上げられ、クラウドファ…

今日のランチ

昨日は、生協からプチヴェールが届きました。 1回限りの配達でしたので、ちょっとお高めの野菜ですが注文しました。 ”小さな緑”という名の野菜は、ケールと芽キャベツを掛け合わせてできた野菜。 ケールは青汁に使われる野菜ですから、栄養価もすごく高い野…

オムレツとコールスロー

昨日のお昼は、オムレツとコールスローでした。 都心で用事が終って横浜へ戻ってくると、7時半を回っていることがよくあります。 その時間にそごうデパートへ行くと、 いつも列ができていている店があります。 そんなに美味しいものがあるのかと私も並んで買…

古民家山十邸吊るしびな

二月は、逃げるとはよく言ったもの、今日は、もう26日で、あと3日すると3月。 そこで思い出したのが、1月の初旬に作った粘土のお雛様のこと。 朝電話をして焼き上がっているのを確かめてから午後愛川町へ出かけた。 1月11日に愛川工芸工房村で作った時のひな…

あぶらふ(仙台麩)丼

今日のお昼は、11月に宮城県の伊豆沼へ行った時に買ってきてあったあぶら麩の残りを使ってしまおうと思って、あぶら麩丼を作りました。 左側があぶらふ丼で、右側は昨日のきくらげを使った春雨スープです。 あぶら麩は、宮城県北部から岩手県の南部にかけて…

とろとろプリプリきくらげ丼

今週の火曜日、1か月ぶりに八王子の友人のところへ寄りました。 いつもと同じ1か月ぶりだったのですが、あれやこれやあったので ずいぶん長かったような気がしておしゃべりするのがすごく楽しかったです。 上の写真は、旅行のお土産だといただいたものです…

かげろひご飯

退院した母は、通院などが続いて体調が思わしくなく、 先週から今週にかけて夜勤の方が1人体制の時間帯の朝ごはんに付き添うため、 早朝6時半ごろ通っておりました。 夜明けが早くなったため、この丘を過ぎるころ、はや太陽が東の空を赤く染めながら 街の…

中華街春節元宵節

中華街媽祖廟 母の健康状態が良くなくて、気が抜けない状態が続いていましたが、 少々落ち着いてきたので、11日の夕方春節の最終日に中華街へ行ってきました。 春節初日の獅子がホンパオ(ご祝儀)をもらうのは見たことがありますが 春節の最後を飾る元宵…

節分

節分草 2月3日、節分。 ようやく入院していた母が退院して、 私のめまい症もどうやら治まりました。 冬と春の季節を分ける節分が我が家にもやってきました。 退院した帰りに子ども植物園に寄ってみたら 枯れ葉の中にセツブンソウが咲いていました。 なんと…

大船散策

先週の木曜の朝、母が救急車で搬送されました。 午後さらに別の病院に搬送され、結局大船にある病院に入院したのです。 自分が目が回っているのに構っていられず、毎日大船通いが続いています。 母の容体も落ち着いたので、今日は大船を散歩をしました。 鎌…

とろとろ茶わん蒸し

大寒 今が一番寒い時期ですね。 霜柱が立ったのは、横浜ではなく先週の火曜日に行った八王子です。 こちらとは、最低気温が5,6度低い土地柄、お昼ごろになっても日陰には 8cmくらいの霜柱が立っていました。 久しぶりに見る霜柱に思わずシャッターを切り…

ホシハジロ日記 15

12月14日 12月に入っても気温が高めで、まだイチョウの黄色い葉もきれいでした。 イチョウの木に来ていたのは、ムクドリです。 いつものカワセミもすっかり縄張りを確保したみたいで、昨年はメスと変わり 今年は、子どもだと思っていたオスが確保したようで…

七草がゆ

この日は、横浜と明大前と2つのお墓参りに出かけた。 横浜の墓地まで歩く道々、もうかなり花が開いた白梅を見ることができた。 やっぱり南向きの斜面は、陽が燦燦と注ぐので、平地より早い。 メジロは目ざとい。梅の花の蜜をみつけたようだ。 明大前のお墓…

風干しカレー

大みそか、お墓の掃除に行った時に、鎌倉の「香菜軒寓」で 昼ご飯を食べた。 たった4席しかないお店なので、先客がいると中で食べるのは難しい。 この日も、先客が3人いたのだが、辛うじて中で食べることができた。 この店は、カレーと菜食のお弁当がメイ…

私のお正月

2017年 1月 あけましておめでとうございます。 この写真は、11月初旬の約8万羽のマガンの飛び立ちです。 ガンたちは、夜明けと共にねぐらの沼を一斉に飛び立ち、 カカンカカンと大きな声で鳴きながらまわりの田んぼへ落穂を食べに出かけます。 ここは、宮城…

ちょっと遅かった~(材木座海岸に沈む夕日)

年賀状を書き終えて、今日は、鎌倉までお墓の掃除に行ってきました。 出かけたのが遅かったので、 海岸へ着いたら、もう南西の真鶴半島の方へ夕日は沈んでしまっていました。 今年最後の夕日を見損なってしまいました。 夕日は、ずっと向こうに沈んだのに、 …

ホシハジロ日記 14

*ご存知ない方へ このホシハジロは、去年の暮れに北の国から仲間と一緒に渡ってきたのですが、 左の羽を故障していて仲間が北へ帰る日が来ても、帰ることができずに それ以来ずっとこの大岡川へ残って生活している鳥なんです。 見守るしかできないけれども…

「みをつくし料理帖」から

牡蠣の宝船 このレシピは、みをつくし料理帖の「夏天の虹」の中に出てきます。 昆布とかんぴょうで船の形を作り、 中に牡蠣を入れお酒を振って網で焼くだけのことなんですが、 不器用な私は、船の形を作るところに手間取りました。 昆布から出てくる出汁と牡…

25日午後8時半ベイクオーター

クリスマスの日、用事を終えて横浜へもどってくると駅地下の特設店では 「ケーキ1000円値引き」 バイトさんたちが、売らんがために大声を出しています。 いよいよクリスマス商品は秒読み段階に入った頃、 私は、デパートの中を通って隣のベイクオーター…

山手西洋館のクリスマス

食事を終え、中華街から腹ごなしにフランス山を登りました。 黒船来航によって、開港させられた日本は、 横浜に外国人の居留地を用意したのですが、 このフランス山には、フランス領事館があり、海兵隊が駐屯していたそうです。 上る途中に崩れた煉瓦の塀や…

中華街で昼御膳

雑誌のおまけでチケットが当たったので、 八王子の友人を誘って横浜美術館へ行きました。 この日は、あいにく雨模様の天気だったので、桜木町で待ち合わせてから、 まず美術館へ直行してゆっくりと鑑賞しました。 この日の展示は、BODY/PLAY/POL…

レンコン料理3品

先日出かけた宮城県の伊豆沼は、全面を蓮が覆っていました。 ここへ飛来したハクチョウは、まわりの田んぼへ行って落穂を食べるのですが、 沼に生えているレンコンも好物でよく食べていることを知りました。 今までも、お正月も近くなると 筑前煮だとか、酢…

冬鳥の飛来地を訪ねて2 新潟県福島潟4

20日は、福島潟の旅の最終日でした。 やはり朝早起きをして、雁晴れ舎まで飛び立ちを見に行きました。 まだ曇っていましたが、雨は降らない予報でした。 コハクチョウは、水かきで水面をたたきながら加速をつけていきます。 結構体が重いので、本当に大変そ…

冬鳥の飛来地を訪ねて2 新潟県福島潟3

雨が小降りになったので、潟口橋を渡りビュー福島潟の対岸にあるという オニバスの自生地を訪ねてみました。 オニバスというのは、東南アジア産の大きな蓮かと思っていましたら、 日本に昔から自生していたそうです。 ここでも、潟を干拓して田んぼを増やし…

冬鳥の飛来地を訪ねて2 新潟県福島潟2

19日朝の福島潟 朝、公園内の雁晴れ舎(がんばれ舎)まで行きました。 展望塔の屋上から潟を眺めたところです。 先客が一人いて、後からもう一人来たので、3人でした。 この日は、今にも雨が降りそうな天気で、6時半になっても薄暗いせいか コハクチョウもオ…

冬鳥の飛来地を訪ねて2 新潟県福島潟

福島潟 11月の伊豆沼の旅から2週間後、新潟県の福島潟へ行ってきました。 私は、去年まで鳥の名前をほとんど知りませんでした。 ところが大岡川を通るようになり、たくさんの冬鳥がやってきているのを知ってから 俄然鳥、特に渡りの鳥に興味が湧いてきま…

ホシハジロ日記 13

*ご存知ない方へ このホシハジロは、去年の暮れに北の国から仲間と一緒に渡ってきたのですが、 左の羽を故障していて仲間が北へ帰る日が来ても、帰ることができずに それ以来ずっとこの大岡川へ残って生活している鳥なんです。 見守るしかできないけれども…

鎌倉紅葉再び2

昨日は、風もなく雲一つない青空、びっくりするくらいいいお天気でした。 国道一号線を走るバスの窓からも雪を被った富士山が見え、 すごくついているなと自分でもびっくりしました。 駅の改札で友人に会うなり、 「今日はいい天気でよかったねえ。」 の挨拶…

鎌倉紅葉再び

半年前から決まっていた鎌倉散策、とうとう明日となってしまいました。 友人は、みな都区内や三多摩から電車賃をかけてくるので、 できれば自分の知るベストの鎌倉を案内したいと思って、 13日は西側を探り、26日の土曜日は東側を探りに参りました。 鎌倉駅…

うちの近くの紅葉

今年の紅葉は、素晴らしい!! どこかへでかけなくとも うちの近くで十分楽しめる。 11月22日は、晴天。 青い空が特別なものに見えた。 モミジバフウ 黄緑、黄色、朱色、臙脂 と まるで刺繍を施しているように美しい。 ハゼ (「小さい秋」の3番の歌詞に登場…

鎌倉紅葉2

鎌倉駅の西口まで来て、もう一つ見ておこうと また線路沿いを歩いて北の方へ向かいました。 化粧坂へ入る道をもう少し進むと海蔵寺という寺があります。 ここは、折々の花が庭を彩り、紅葉のもみじでも有名です。 山門の前のもみじ。 まだちょっと早いのか、…

鎌倉紅葉

鎌倉円覚寺 12月の初旬の散策に向けて、紅葉スポットの下見に行ってきました。 北鎌倉で下車。 鎌倉は、紅葉の名所ですが、 温暖な気候ですので、どうしても紅葉の時期はおそくなります。 ところが、今年は割合早かったようで、駅の改札真ん前の円覚寺の門…

冬鳥の飛来地を訪ねてー伊豆沼・内沼その4

「また鳥~」という声が聞こえそうですが、自分の記録ですので、勘弁してください。 この旅を計画したのは、9月。 11月6日の伊豆沼のサンクチュアリセンターの観察会に参加したいと思って 申し込んだので、この日が旅のメインだったのです。 というわけで、6…

冬鳥の飛来地を訪ねてー伊豆沼・内沼その3

朝食を済ませ、一休みしてから 伊豆沼・内沼の周辺のようすを歩いて見て回ることにしました。 内沼の前には、昆虫館があります。 この地域に生息する昆虫の標本や映像、 それに研究者が集めた世界の昆虫標本もたくさん陳列されています。 私が気になったのは…

冬鳥の飛来地を訪ねてー伊豆沼・内沼その2

午前5時起きで、昨日の夕方ねぐら入りを見た同じ場所へ。 まだ辺りは暗いのですが、東の空には太陽の気配がしています。 この土手には、すでにたくさんの車がずらっと停車し、 三脚を立ててカメラをセットしている人が鈴なりです。 みなさん、太くて長い、素…